実家のゴミはオークションでいくらで売れるのか?試してみた

ついつい面倒くさくてスルーしがちな部屋の片付け。物で溢れ大変なことになっている人も多いのではないだろか。だが実は、家に転がっているゴミの山にも“お宝”が埋もれていることがあるのだ。では、果たしてどのくらいのお金になるものなのか? 取材班が実践、ネットオークションで不要品を売りまくってみた!!

◆実家の物置小屋は、財宝の眠る宝の山だった!

実家

茨城の外れに暮らす、平凡な農家の一軒家。現在は3世代4人暮らし。建て直しの際に建てた仮母屋が今は物置になっている

 不用品の宝庫といえば、実家を忘れてはいけない。田舎のだだっ広い一軒家で、たしか十畳近い物置小屋もあったはず……。

「もしかしたら年代物のお宝があるかもしれない!」と淡い期待を抱き、編集Yが向かったのは東京から2時間半の茨城県の外れにある実家。両親や祖母、姉までを巻き込み、一家総出で大掃除に取り掛かった。

 まずは物置小屋。足の踏み場もない状態に苦戦しつつ、古びたタンスの中やカビだらけの食器棚の中を一家で漁りまくる。家具の隙間や底などのほうが“忘れられた一品”が紛れ込んでいる率が高そうな気が……。

 すると突然背後から「これは何だい?」とばあちゃんの声。見てみるとタンスの中から、古びた女性用の着物が出てきた。生地もしっかりして装飾も豪華そう。とりあえずキープ。

実家

1年ぶりの帰省にもかかわらず到着と同時に宝探し開始。まだまだお宝は眠っていそうだ

 他にも、「かなり昔にひいじいちゃんが中国で買ってきた」というやたら重い謎の急須(?)や、誰のものかわからない年代ものパイプセットもゲット。さらに、庭で野ざらしになっていた何十年も前の冷蔵庫をこじ開けてみると、「製造’54年」と書かれた“朝鮮人参のはちみつ漬け”を発見した。触るのも恐ろしいが、「漢方って古いほどいいんじゃない?」という姉の一言で持ち帰ってみることに。

 家族を巻き込んで掃除をしたのでかかった時間は2時間ほど。最後にルパン三世のフィギュアもゲットした。しかし、物置小屋や庭は片付いたが、こんなガラクタが本当に売れるのか? ネットオークション歴11年の達人・川崎さちえ氏に鑑定をお願いした。

⇒【後編】『実家で眠る不要品、総額●万円超のお宝だった』に続く http://nikkan-spa.jp/767472

【川崎さちえ氏】
All Aboutネットオークションガイド。『あさイチ』(NHK)、フジテレビ『ノンストップ』などに多数出演。ブログ「川崎さちえのごちゃまぜ日記」

― [男の片づけ]錬金術【1】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中