よしもとゴリ押し爆売れ軍団「あらびき団は最高の料理番組です!」

よしもとゴリ押し爆売れ軍団 はるな愛や世界のナベアツをはじめ、どぶろっく、モンスターエンジン、ハリウッドザコシショウ、安穂野香など、“粗くてもインパクトのある「あら芸」を持ったパフォーマー”たちを数多く発掘してきた深夜番組『あらびき団』をおぼえているだろうか。実は地上波放送終了後、『ナマイキ!あらびき団』と名前を変えてネット配信されていたのだが、ついに「あら-1グランプリ2014」をもってフィナーレを迎えた。

 そんなあらびきスターたちをライト東野&レフト藤井が厳選したDVD『ナマイキ!あらびき団 新作公演!?~実は地下で2年やってました~』をPRすべく、「よしもとゴリ押し爆売れ軍団」が気炎を吐いた。

――そもそも、「よしもとゴリ押し爆売れ軍団」の結成のきっかけとは?

ムーディ勝山:ケンドーコバヤシさんが飯に誘ったら絶対来る4人から結成されました!

――ケンドーコバヤシさんは、軍団のメンバーの悲惨な話をつまみにお酒を飲むそうですね。最近も悲惨な目には遭ってますか? 若井さんは「ナマイキ!~」のネタでは奥さんとケンカして家出中と話していましたが……。(※生卵を割るのを失敗して奥さんに注意されたことで逆ギレ⇒家出して公園で過ごした)

若井おさむ:実は9月に離婚しました。12月5日に発表しまして。家出どころじゃないんです……。

天津向:離婚ほど悲惨じゃないですが、僕は彼女と別れて。そういう意味では傷心組ですね。

ムーディ:そうですね、僕は家事が上手くなってきましたね、嫁にもばつが悪いんで。昔はリストラされたサラリーマンみたいに「仕事だ」って嘘ついて公園で時間潰したりしてましたが、最近はその手段も使えなくなってきたんで……。仕事をください。

――酒の肴は尽きないようですね。みなさんにとって「ナマイキ!あらびき団」とはどんなものでしたか?

ムーディ:普通は2~3分カメラを回して「OK!」という感じなんですが、「ナマイキ!~」のネタは、ビックリするくらいOKが出ないんです。20~30分は長回しみたいな感じで、その間ずっとネゴさんがムチャぶりされるという。僕ら側からしたら、ネゴさんをドッキリにかけているみたいな。

ネゴシックス:僕はなんか……呼び出されて、変なところ撮られて、帰らされて、いろいろ揉みくちゃにされた感じがあります。事前にテーマを僕だけ教えられてないんで、不思議な収録でした。脊髄が痛かったです。

天津向:徐々にネゴシックスが追い詰められていって顔が変わっていく感じ、これってパニックホラーでも観られないぞっていう感じなので、ぜひとも観ていただきたいですね。

若井:ネタに関しては、自分は前に出ずにうまくネゴさんにつなげるっていう役割だなって思ってるんですけど、「ナマイキ!~」という番組に関しては、そんな僕らという材料をさらに面白くしてくださる最高の料理人(ライト東野&レフト藤井)がいるという。こんな料理のうまいコックさんがいる番組、ほかにいないんちゃうって思います。

ムーディ:この二人のコメントがなかったら成立していないVTRってけっこうありますよね。

ネゴシックス:だからこの料理番組は本当に……

ムーディ:料理番組じゃないです。演出とかスパイスを盛り付けるスタッフも超一流なんで、本当においしい料理に全部のネタが仕上がりますね。

若井:あとはよそのレストランでは捨てるような大根の皮とか茎とかも「こんな食べ方あるんや」って思わすようなかたちで全部おいしくしてくださるっていう。

ムーディ:なんか、そんな話してたらお腹空いてきました。

天津向:どうでもええわ!


※「あら‐1グランプリ2014」の模様や未配信映像を収録したDVDは、2巻同時発売中(各1998円 発売元:よしもとアール・アンド・シー)

●『ナマイキ! あらびき団 新作公演!? ~実は地下で2年やってました~ vol.1 ライト東野セレクション』

●『ナマイキ! あらびき団 新作公演!? ~実は地下で2年やってました~ vol.2 レフト藤井セレクション』

【よしもとゴリ押し爆売れ軍団】
『ナマイキ!あらびき団』をきっかけに、ムーディ勝山(34)、若井おさむ(41)、ネゴシックス(36)、天津向(34)からなるユニット

<取材・文/おはつ(本誌)>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中