女性ウケが悪い「男のオシャレ」4大NGスタイル

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログメルマガで「オシャレの正解」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第5回目をよろしくお願いします。

女性ウケが悪い「男のオシャレ」スタイル4選

メンズファッションのバイヤーMB氏

「身なりにお金をかけているつもりだけど、オシャレに見えない……」

「それなりに洋服に気を使っているけど、女性ウケが悪い……」

 身に覚えのある男性は多いと思います。男性本人がオシャレだと思って身につけていても、女性の感じ方は違います。今日は「女性が感じる絶対NGメンズファッション」についてご紹介しましょう。

 私の周りにいる20代前半アパレル業界女子に話を聞いてみたところ、4大「NGファッション」が浮かび上がってきました。一つでも該当するとあなたのスタイルはNGかもしれません。ぜひチェックしてみてください。

その1「シルバーアクセサリーの重ね付け」

「不必要にアクセサリーをつけてる人」

「腕重くないのかなって思っちゃう(笑)」

「ドクロのリングつけてる人がイヤ。センスを疑う」

 “女性ウケの悪いファッション”でまず槍玉に上がるのは「シルバーアクセサリー」です。90年代頃は「ロックファッション」「ヴィジュアル系」の流行もあり、まだ寛容だったのですが、現在では完全NGの要注意アイテムです。スカル(ドクロ)モチーフ、ゴシック調のクロス(十字架)モチーフなどは特に嫌われるます。小さめで目立たないものならともかく、どでかく目立つものは絶対に避けましょう。

 また、「本人が『カッコいいと思ってる』だろうから指摘しにくい」との声も。そりゃそうですね。アクセサリーは「装飾品」。「着ける必要性」など基本的にはありません。となると「カッコいいから身に着けている」わけで、洋服なら「急いでたから部屋にあったのを着てきたんだよ!」と誤魔化すこともできるかもしれませんが、「面倒だからスカルネックレスを着けてきたんだよ!」と誤魔化そうものなら病気を疑われかねません。アクセサリーは「俺はコレをかっこいいと思ってる」という考え方が見え隠れする以上、慎重にならざるを得ません。

 ただし、「小ぶりの目立たないものを1、2個つけてる人はアリ」「手を見た時、細身のリングがひとつつけてあると『オシャレに気を使ってるんだな』と感じる」との正解例も。男性諸兄は派手で過剰なアクセサリーを避けて、小ぶりの目立たないものをチョイスするのがよさそうです。

 私MB的には「シルバーアクセサリーは2個以上着けるな!」を意識しています。リングとネックレスを着けたならそれで終わり。ブレスレットとリングを着けたならそれで終わり。シルバーやゴールドの輝きは目をひくので、あまり色々な種類をつけると、本来洋服を彩る「アクセント」が「主役級」に目立ってしまいます。これでは本末転倒です。アクセサリーはあくまで「アクセント」だとルール化して、「シルバーアクセサリーは2個以上着けるな!」を意識してみてはいかがでしょうか。

その2「ルーズなファッション」

「まだB系みたいな服装している人は本当に無理」

「『どこ行ってきたの!?』ってくらい汚れているスニーカー」

「足が見えるクラッシュデニム。毛が見えてキモい」

 “ルーズ”には二通りあります。まずは、ダボダボの服を着ているという意味のルーズファッション。ドカンのように太いパンツに、「お父さんの?」ってくらいのパーカー。現代では絶滅したようにも思える「B系ファッション」ですが、巷にはまだ残っています。そもそも童顔である日本人にこのB系ファッションは似合わない。ルーズな服が「オシャレ」ではなく、そのまま単純に「子供っぽく」見えるのです。

 ルーズなファッションが好きな人も、例えばパンツはスッキリと細身を選んでみたり、パーカーをタイトなものにしたり。少し大人っぽく見えるようにバランスをとるのがオススメ。何も全身変えなくても1アイテム変えるだけでも意外と印象は変化します。

 もう一方の“ルーズ”は、「だらしない」の意。薄汚れた白スニーカーや「何年履いたらそうなるの?」と思うくらいクラッシュ加工されたデニムなど、それらは「オシャレ」じゃなく単に「だらしない」「汚い」と映ります。白スニーカーは汚れが目立ちます。いくらお気に入りのスニーカーでも汚れてしまえば、「清潔感」を大事にする女子にウケが悪いのは当然。白スニーカー(特にレザーのもの)は新品の消しゴムなどをかけると多少の汚れは落ちます。お気に入りならばこまめに手入れをしてあげましょう。

 クラッシュデニムは必要以上に肌が露出していると危険。女性のクラッシュデニムは「セクシー」ですが、男性に毛が見えるほどのクラッシュデニムは厳しい。ほどほどのクラッシュ加工でも穿いていくと穴が広がり目立つようになってしまいます。ダメージが気になってきたら、近所の「洋服のお直し屋」などで、ほつれを直したり、ダメージ度合いを抑えたりしましょう。微妙なお直しも数千円で対応してくれます。

その3「ナルシストなファッション」

「すんごいトンガリ靴履いてる人!ピーターパンかよって(笑)」

「シャツのボタンが胸まで開いてる人。」

 安物の靴メーカーでなぜか多く見かける「トンガリ靴」。変なベルトがついていたり、スタッズがついていたりと何かと装飾しているのが特徴です。現代はクラシカルな靴が流行で、「つま先が丸い」ほうがトレンド。ギャル男ブーム時代はもてはやされたトンガリ靴も今では「かっこつけすぎ」と揶揄されてしまいます。靴は細長いほうが足は長く見えるものですが、「トンガリ靴」は不自然です。先が丸い靴でも鼻先が長めのものは、足を長く見せてくれます。靴を選ぶときに参考にしてみてください。

 胸元がはだけている着こなし……女性なら思わず覗きたくなりますが、男性の場合は気持ち悪いだけですね。とくにやせ細った色白の男性だと「ナルシスト」に見られてしまいます。清潔感を重んじる女性の前ではしっかりとシャツのボタンは留めておきましょう。無駄に肌を見せる必要はありません。

その4「趣味に走り過ぎた小物」

「『支払いはまかせろー! バリバリ!』っていう顔文字わかる? あの感じ(笑)」

「好きなのはわかるけど、いい大人がデートでGショックとか野球キャップはやめてほしい」

 デートの支払いで、「バリバリ」と音が鳴るマジックテープがついた財布では、「スマート」とは言いがたい。ハイブランドの財布を使えとまでは言いませんが、いい大人なら革財布の一つも持っておきたいところ。ウン万円といかなくとも、アンダー1万円の革財布もたくさんあります。

 またいくら好きだと言っても「Gショック」や「ヤンキースのベースボールキャップ」などもデートや合コンでは避けましょう。女性は顔の次に相手の腕元を見ると言います。Gショックも素敵ですが、かっこつけたいシーンならきちんとした時計は必須です。キャップも同様ですね。趣味のスタイルもいいですが、TPOをわきまえて使いこなしたいものです(大人の時計選びについてはこちらの記事:http://hbol.jp/17249 を参考に)。

「洋服に気を配ったからってモテるわけじゃない!」「どうせイケメンに限る!」「服くらい好きなのを着させろ!」――そんな気持ちももちろんわかります。しかし、ちょっとの気配りで少しでも好感を持ってもらえれば安いものです。デートや合コンなど女性と会うシーンにおいては、「自分が着たいもの」ではなく、「相手が喜んでくれそうなもの」を着る気遣いをしてみてはいかがでしょうか。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。春には初となる書籍を上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

イェーイ!スマホで楽しむ360度動画の驚異の世界。わっかるかな~、わっかんねえだろうなあ~【PR】

【360BAYSTARS】 5 dianaのハッピースターダンスを体感!   YouTube
 1968年に、アメリカのユタ大学の学者アイバン・サザランドによって提案されたヘッドマウント型が最初とされるVR(仮想現実)の世界。この初めてのVR登…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中