おみくじの謎。大吉や凶の数はなぜ決まっているのか

― 木村和久の「オヤ充のススメ」その51 ―


 いやあ、年が明けると性懲りもなく、神社、仏閣にお参りして、おみくじを引きますなあ。そういえば、ここ10年以上、凶なんて引いてない。最近の神社、仏閣はソフト路線なのか、凶の数を減らしているような気もする。そんな単純な疑問を持って、おみくじの配分を調べてみた。

 たくさんの資料を見ての雑感ということで、最近のおみくじの配分を発表します。まず大吉が15~20%。結構あるじゃん。続いて中吉、吉、小吉、末吉。ここらへんも各15~20%で、まんべんない。しいていうと小吉が一番多い気がする。じゃ問題の凶だが、これがだいたい10%。約1割となっている。へえ~1割は凶なんだ。じゃ大凶というのもあるんですかね。これはさすがに減っていて、滅多にお目にかかることはない。つまり最初から作ってないケースが多いのだ。

 都内の神社、仏閣でいうと、大凶のある比率は1割以下という説もある。つまり9割以上が、大凶のおみくじを引くと、気分が悪くなるからと置いてないのだ。そうだよね、わざわざ金出して、ムカつくなんて許せないもの。個人的には毎年目黒不動尊に行ってるが、ここは真ん中に厚いです。大吉も滅多にみないが、凶もみない。真ん中の小市民的な、小吉、末吉のオンパレード。今の時代向きなのかもしれない。特に弱っているときは、凶が少ないので、ハートに優しいって思う。

 じゃ今度は逆を考えてみる。あえて凶が多い神社、仏閣はあるのか?あるんですよ、しかも噂じゃなくて、はっきりしたデータも出ている。じゃ~ん、日本一凶の多い神社、仏閣は浅草の浅草寺です。100あったら30は凶だから、通常の3倍も凶がある。これは笑うしかない。なんでこんだけ凶が多いのか、浅草寺のホームページにその答えが書いてありますぞ。

 抜粋させていただくと。

「浅草寺のおみくじは凶が多い」とよく言われますが、古来の“おみくじ”そのままです。また凶が出た人もおそれることなく、辛抱強さをもって誠実に過ごすことで、吉に転じます。凶の出た人は観音さまのご加護を願い、境内の指定場所にこの観音百籤を結んで、ご縁つなぎをしてください」

 つまり昔の配分そのままを使っているから、凶が多いそうだ。しかし、やりかたによっては凶は吉に転ずるので、誠実に生きろって、励ましてんだろうなあ。

 逆に凶が多いから人気なのかも知れない。浅草寺は日本でも最高クラスの参拝者を誇っている。どうです、おみくじ界の塩対応、ここでの吉こそ、ありがたみがあるってもんですね。

木村和久

木村和久

■木村和久(きむらかずひさ)■

トレンドを読み解くコラムニストとして数々のベストセラーを上梓。ゴルフやキャバクラにも通じる、大人の遊び人。現在は日本株を中心としたデイトレードにも挑戦

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中