「男のニオイ」問題を“オシャレ”に解決する方法

メンズファッションのバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤーMB氏

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログメルマガで「オシャレの正解」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第6回目をよろしくお願いします。

 自分のニオイが気になる瞬間ってありますよね? 飲み会のお酒くささ、焼肉を食べた後、猛ダッシュして乗り込んだ電車の中での汗くささ……そういったイレギュラーなニオイならまだしも、生まれ持った体臭ならばことさら気になります。

「……なんかクサくない?」

 そんな言葉にドキッとしたことがある人も少なくないでしょう。人間はやはり動物です。まったくニオイのない人など存在しないのですが、可能な限り他人に自分のニオイを感じさせたくないのが人情というもの。特に異性に「くさい」と思われるのは致命的です。

 マンダムの調査「職場でのニオイ意識と実態」によれば、「職場の身だしなみでどうにかして欲しいこと」の1位は「ニオイ(体臭)」だそうです(ちなに2位は「口臭」)。また、男女別で見てみると、「体臭」を挙げたのは男性は52%、女性は69.1%となっています。

 実に職場の7割の女性が「クセーんだよ! なんとかしろ!」と思っているわけです(笑)。体臭が気になる男性諸兄はなんとかごまかそうとするわけですが、この調査の6位には「香水」がランクインしています。香水はニオイが強いですから、つい付けすぎてしまい、逆に「クサく」なってしまっている。「適量」が難しい。

 ではどうすればいいのか? ……という悩みに応えるアイテムがあるんです。

「香水」は「消臭」ではなく「芳香」です。一方、ロングセラー商品の「ファブリーズ」は「消臭」です。「ニオイが消える!」ということで支持されています。今は良い香りをプラスした「消臭・芳香」を備えた商品もリリースされていますが、どこかケミカルな芳香が「ファブリーズくさい」という印象を与えることもあります。

 今回紹介するアイテム「retaW」は、「消臭・芳香」を兼ね備えたファブリーズ的なアイテムなのですが、香りのセンスがまったく違います。プロデューサーは藤原ヒロシ氏。日本におけるDJの先駆者であり、小泉今日子やUAなどのアーティストへの楽曲提供を行う作曲家/アレンジャーであり、ナイキやリーバイスなど超大手ブランドともコラボレーションを行うファッションデザイナーでもあるマルチクリエイターです。90年代の裏原宿ブームの立役者なので、30代40代の男性で知らない方はいないでしょう。藤原氏の影響は大きく、全国のセレクトショップなどでretaWの取り扱いを多く見かけます。おしゃれ男子御用達ってわけです。

retaW「ただの香水でしょ?」と思うかもしれませんが、しかし、これがまるで違うのです。まず消臭。焼肉を食べた後の衣類のニオイくらいなら、サッと1、2回吹きかけるだけでほとんど消えます。タバコ、焼肉、お酒、汗臭さ、タンスの匂い……などは簡単に消すことができます。香水のように「強い匂いでごまかす」のではなく、臭いを消す「消臭」効果を備えているんです。

 次に芳香。香水と同様に芳香の効果もあるのですが、これがほんとに微細な香り。1、2回ふきかけたくらいでは、わかるかわからないかくらいの香りです。また、消臭のために、大量に吹きかけたとしても、香水のような違和感はありません。すべての製品に自然植物の天然エッセンスが配合されていて、ケミカルではないナチュラルな香りを実現しています。

 匂いの種類も「草原の香り」や「フローラルの香り」などよくあるものではなく、「バニラ」「ワイン」「ユリ」などセンスを感じるものばかり。またパッケージも洗練されたデザインでインテリアにもよく馴染みます。女性ウケもバッチリ。私、もともと匂いが気になる性分でして香水が大嫌い。基本何も付けていなかったのですが、retaWを見つけて愛用し出してからは、「いつもいい匂いがしますよね」と言われることがホントに多くなりました(女性ばかりに言われます!)。

 香りがとても微細なので「香水」というよりも、「私自身の匂い」だと認識してくれる方が多いようです。先の調査のとおり、女性は匂いに敏感なもの。微細な香りでも好印象を与えてくれているのです。

 さてこのretaW、展開する香りは数種類あり中にはちょっと独特のものもあります。そこで「できるだけ自然で好印象を与えてくれる」オススメの香りをピックアップしておきます。

 まずは、著名なグラフィックデザイナーである「BARNEY BUBBLES(バーニーバブルス)」氏をネーミングの由来とした上記の「BARNEY」。こちらは「石鹸」の香り。不自然さがない、清潔な印象を与える石鹸の香り。湯上りの異性から漂うあの感じです。グッときます。私はこの香りがとても気に入っていて、匂い消しとしてはもちろん、ソファーやスニーカーなどにもかけています。香水のようにキツくなく、日常に馴染む優しい香りです。石鹸の匂いがする異性なんてグッときませんか?

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=775759

 次にアメリカ出身のソウルシンガー「EVELYN CHAMPAGNE KING(エヴェリンシャンパンキング)」をネーミングの由来とした「EVELYN」。シャンパンとベルガモット(柑橘類)をブレンドした香り。先述のBARNEYよりもグッと大人な香り。シャンパンのちょっと怪しげな香りは夜デートに最適。ドライブ前の車内にサッと一拭きかけて気分を盛り上げてもいいでしょう。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=775760

retaW「EVELYN」 さらに、イギリスのシンガーソングライター「LILY ALLEN(リリーアレン)」氏をネーミングの由来とした「ALLEN」。ユリとカシスの匂いをブレンドしたちょっと甘めの香り。上記2種類よりもやや香水ライクな香り。といってもほのかに香るくらいなので嫌味な印象などは感じさせません。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=775762

retaW「ALLEN」 これから新年会など飲み会が多くなる時期。またコートのまま屋内にいると、汗で蒸れることも多くなる時期でもあります。バッグの中にもサッと忍ばせておけるretaWが一つあれば匂いの問題は解決。ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。春には初となる書籍を上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

【retaW】 フレグランス ファブリック用スプレー BARNEY

清潔な印象を与える石鹸の香り

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中