股間を拭いたティッシュを投げる「日本の奇祭」に世界が驚愕

文化・自然など、地球の生成と人類の歴史によって生み出され、引き継がれてきた人類共通の遺産、ユネスコ世界遺産。日本でも和紙、和食、富岡製糸場などさまざまあれど、それ以外にも“俺”が声高らかにしたいオレスコ世界遺産はこんなにあった!

◆キリストを祭る盆踊りが!<奇祭>

杉岡幸徳氏

杉岡幸徳氏

 男根神輿目当てに海外メディアも殺到する「かなまら祭」を筆頭に、世界が驚く日本の奇祭。奇祭評論家の杉岡幸徳氏は「奇祭と言える祭りは千以上ある」と語る。

「八百万の神がいる日本では祭り自体が多い。奇祭には豊作や子宝、安産祈願と結びついたものが目立ちますが、古い祭りでは起源は不明なものも目立ちます。なお比較的新しい奇祭の中には、話題作りを目的に言い伝えを掘り起こしたものもあります。温泉街に奇祭が多いのはそのためでしょう」

 そして奇祭の中でも特に奇妙な3つの奇祭を選出してもらった。

「まずは『キリスト祭り』。キリストが青森で死んだという伝承もすごいですが、その墓の周りで盆踊りも行われる神道式の祭りはシュールです。ただ、神仏習合が普通の日本ですから、キリスト教と神道が交わるのも自然なことです」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=781778

 一方「おんだ祭り」はエロ祭り。

「天狗とおかめのベッドシーンを公衆の面前で行う祭りです。事の後、股間を拭いたティッシュを観客に投げるのですが、それをその夜ベッドで使うと子宝に恵まれるそう。『福の神』と『拭くの紙』のダジャレのようですが(笑)」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=781775

 また不気味さ満点の奇祭もある。

「『牛乗り・くも舞』では、意識不明状態の男性が牛に乗って町内を練り歩き、赤装束の男が船上で曲芸をするのを見守る……という儀式が行われます。なぜ男が意識不明状態に陥ったのかはわからず、彼がこもる部屋の儀式は門外不出と、謎が多い祭りなんです」

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=781780

【識者:杉岡幸徳氏】
ライター・奇祭評論家。不可解かつ珍しいものを深く愛し、それらをテーマにした著作を多数執筆している。著書に『大人の探検 奇祭』『奇妙な祭り』『世界奇食大全』など

撮影/杉岡幸徳
― 俺の中では重要文化財 オレスコ世界遺産【6】 ―

大人の探検 奇祭

あなたの知らない日本がここに。

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中