東映ヤクザ映画は殺伐とした日本社会を穏やかにする!――対談・杉作J太郎×春日太一【後編】

 菅原文太や高倉健が亡くなったことで再上映されることもあるヤクザ映画だが、実は絶滅の危機にあるという。東映ヤクザ映画を愛してやまない杉作J太郎氏と、『あかんやつら』で東映京都撮影所のブッ飛びぶりを描いた映画史・時代劇研究家の春日太一氏が、東映ヤクザ映画の魅力を語り尽くす!

<対談>杉作J太郎×春日太一が保護を訴える!東映ヤクザ映画とその愛らしさ【後編】

⇒【前編】はコチラ

杉作:大脱獄』もあまり真剣に見ちゃいけない。性欲まみれの室田日出男と郷鍈治が押し入った民家で、ブラジャーとパンティを着けて踊ってすぐ死ぬ時点で合格!

春日:真面目なシーンでいきなり流れているテレビ番組が『日本ペチャパイ選手権』ですからね。

杉作:この映画をみんなが見たら日本も穏やかな国になりますよ!「あんな映画に出ておきながら、文太さんも反戦主義だった」と意外そうに言われてますけど彼の映画は全部反戦ですから!

春日:「上の言いなりになってもロクなことがない」というスタンスは一貫していますよね。戦いの無意味さ空しさが伝わります。

トラック野郎

最近は『トラック野郎』をヤクザ映画と勘違いする人も!?

杉作:一方の健さんも自ら進んで戦おうとした役はほぼないんですよ。ただ、エヴァンゲリオン的な暴走モードがあって、映画が終わる15分ほど前に目の色が変わる。

春日:朴訥としていたのが、いきなり凄まじい殺気を放つんですよね。あと健さんは肉体がすごい。日本で元祖に近い肉体俳優でもある。背が高くて肩幅もある、ボクシングで鍛えた隆々の体で、上半身裸で斬りかかる。

杉作:『野性の証明』より『ランボー』をやるべきでしたね。しかも、ヤクザ映画はこうやっていろんなキャラが出てくるから、好きな人を追いかけてほしい。「オレは能力があるのに何でみんな冷たいんだ」「古い仕組みの中で損をしている」という話の筋は、実力があるのに男性社会でツラい思いをしている女性にも響くはず。しかもみんな面白くてかわいい! 全員ぷくぷくシールにして売りたい!

春日:東映は各俳優の名言入りのLINEスタンプを出すべき。シナモロール(※サンリオのキャラクター)風の遠藤太津朗とか。

杉作:くまモンに対抗して片桐竜次さんを著作権フリーに!

<オレたちスコ世界遺産>

●『大脱獄』(1975年公開)
高倉健、菅原文太が揃い踏みで石井輝男監督の“スーパーアクション巨編”という触れ込みだが、「先がどうなるかまったくわからない変な映画」(杉作)、「2大スター共演なのに驚きのいい加減さ」(春日)という怪作

取材・文/鼠入昌史(Office Ti+) 古澤誠一郎 田幸和歌子 福田フクスケ 安田はつね(本誌) 撮影/与儀達久 写真/時事通信社
― 俺の中では重要文化財 オレスコ世界遺産【10】 ―

大脱獄

雪原脱獄の果てに、遂げねばならない復讐があった! 石井輝男監督が壮大なスケールで描いたスーパーアクション巨編!!

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中