「アレ、俺の人脈のおかげでしょ?」アレオレ自慢の餌食になった若い女性がブーイング

アレオレ自慢にブーイング あらゆる自慢の中でも、トップクラスでカッコ悪い部類に入るのが、「アレオレ自慢」だ。近しい位置に著名な人がいるというだけで、「アレ、オレの友達の友達なんだ」「あのアイドル、オレの姪っ子のクラスメイトなんだ」などと口にしてしまう輩が後を絶たない。とりわけ、売れない役者やアイドル、美大生など、“何かしらの卵”に位置する若い女性は、餌食にされるのを避けて通れないのだという。

 売り出し中の舞台役者Rさんはこう語る。

「お仕事関係者もお客さんも、基本的にTwitterは相互フォローにしているのですが、ある日、一人のお客さん(40代・男性)からDMが。ゲームバーでゲームをしながら飲みましょう、とのお誘いでした。ゲーム好きだし、ファンの方をないがしろにできない、と思って最初は行っていたんですが、私という“ゲスト”が来ることをダシに、舞台ファンの女のコたちを集めて飲みたいだけだったみたいです」

 声をかけるのは、断れなさそうな20歳前後の若い女性役者で、ファンの確保に必死な売り出し中のコが狙われるとのこと。そして、そのコが売れ始めると、「あのとき、俺のおかげであの女優のコと飲めたでしょ?」と周囲に自慢をするという。

 売れないアイドルの世界でも似たようなことが起こる。「見かねた事務所が、DM禁止令を出してくれればまだいいのですが、地下アイドルなんて事務所に所属してるコなんてほとんどいないから無法地帯ですよ」(地下アイドル・Kさん)

 そして、美大生が餌食になることもあるのだそう。

「美大生時代、個展とかで“クリエイターの卵”に声をかけるのが趣味みたいなおじさんが一定数いましたね。個展で突然話しかけられて、作品を褒められて、悪い気はしないからFacebookなどで繋がってしまう。それで、あちこち飲み会に誘われたり、クリエイティブ職の人を紹介されたり、その紹介された人脈をうまく活かせないと、『俺がせっかく紹介してやったんだから云々』と説教してきます。最初はありがたいんですが、だんだん迷惑にしか感じなくなりましたよ。口うるさいあしながおじさんって感じ」(美大出身・Oさん)

 あらゆる形で世間を知らないうら若き女性に恩を売る「アレオレ自慢」男たち。単純な好意からのこともあるかもしれないが、このようにたいていの場合は疎ましがられていることを肝に銘じたい。 <取材・文/日刊SPA!編集部>

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中