シンクロ元日本代表が衝撃のAVデビュー「恥ずかしい私を多くの人に見てほしい」

片平あかね

片平あかね

 子供の頃に通っていたスイミングスクールですすめられたシンクロナイズドスイミング(以下シンクロ)。体験初日にしてその楽しさに目覚め、練習に没頭する毎日。中学生になる頃から頭角をあらわし始めて世界水泳選手権に日本代表として出場を果たす。そんな輝かしい実績を持つ片平あかねさん(26)。昨年、グラビアデビューを果たし大きな反響を呼んだ彼女は、今年の1月1日、MUTEKIから衝撃のAVデビュー。その真相を探るべく、本人を直撃した。

⇒【写真】はコチラ
http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=782394


片平:A代表に選抜されたものの、結局、オリンピック出場は叶わずに、引退を決意することにしました。練習漬けの毎日から抜け出した直後は、「これでフツーの女のコになれる」と、OLとして会社勤めをしながら、ショッピングや手料理、恋人とのデートを繰り返していたんです。職場の人間関係も良好で、何の不満もない生活を送ってましたが、平穏すぎる毎日にどこか満たされない自分がいて……。

もともと、「人と違ったことがしたい」、「目立ちたい」という思いでシンクロを続けてきたから、その気持ちは強まるばかり。現役引退後、タレントとして活動している先輩を羨望の目で見ていました。その頃、知人のつてで、芸能関係の方と知り合う機会を得て、グラビアデビューすることにしたんです。

――ファースト写真集で見せた肉体は圧巻の一言。やはり、鍛え上げたカラダには自信があったんですか?

片平:いや、実は選手時代から自分のカラダにはずっとコンプレックスがあったんです。胸が大きくなり始めたのは高校1年の頃からなんですけど、競技ではジャマだったし、シンクロ選手として誇れる体型ではなかったんですよね。海外のトップ選手をみるとその差は歴然です。手足は長くて、身のこなしも優雅。

ただ、初めての撮影のときにカメラマンさんやスタッフの方にうまく乗せていただいて、仕上がった写真を褒められたとき、それまでの葛藤から解き放たれた気がしたんです。

――そして、AV挑戦に踏み切るわけですね。セックスを見せることは、全裸を見せるのとはまた違う葛藤があると思いますが。

片平あかね

「初体験の相手は童貞の同級生。セックスのやり方なんて何もわからなかったけど、好奇心だけで踏み切りました」

片平:これは私の性癖なんですけど、恥ずかしい思いをしたいっていうのがどこかにあって。14歳で初体験を済ませてから、セックスは痛いだけでちっとも気持ちよくなかったんですけど、19歳のときに初めて「気持ちいい」と感じた男性とのセックスでは、「足がすごく開いてエロい女だな」とか「中が締まってグチョグチョだよ」って淫語をかけられながらバックでガンガン突かれて、凄く濡れちゃったんです

そのときのことを思い出すだけでコーフンしちゃうんですけど、「AVの現場だったら、その彼よりうまい男優さんから、みんなが見てる前で、もっと虐められる」って思うとたまらなくなって。その好奇心が決め手になったかなと。

――真性のM気質だったわけですね。実際、プロの男優さんとのカラミはどうでした?

片平:マングリ返しにされた状態で攻められたり、初めての体位もたくさん体験できて。私、演技でも声を出さないタイプなのに、無意識で声が出ちゃったんです。「もっとメチャメチャにしてっ」なんて、あとから映像で見たときには、ホントに驚きました。潮吹きも経験したことないから「絶対にムリですって」って監督さんに言ったんだけど、「試しに挑戦してみよう」って言われて始めてから、10秒くらいで出ちゃって(笑)。

『衝撃!世界大会1位のマーメイドがMUTEKIデビュー! 片平あかね』

『衝撃!世界大会1位のマーメイドがMUTEKIデビュー! 片平あかね』(MUTEKI 150分2480円)

 シンクロで鍛えた成果はセックスにも生かされる。水中に3分間は潜れる持久力は「何回戦でも疲れ知らず」。柔軟性と体幹の強さはどんなアクロバティックな体位でもこなすことができる。「多人数に襲われるとか、羞恥心を満たす役に挑戦してみたい」と意気込む彼女。持ち前のチャレンジ精神で、未知の性域を開発していってほしい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

【片平あかね】
かたひら・あかね 88年2月20日、東京都生まれ。身長160cm、B93(Gカップ)・W60・H88 15年1月1日にMUTEKIよりデビュー

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中