「クレヨンの肌色」「ブルマー」学校から消えたもの…復活は?

教師や親からの「気持ち悪い」という声がきっかけで、ジャポニカ学習帳から昆虫の表紙が消えたことが話題に。釈然としない理由だが、いつの間にか学校から姿を見なくなったものはほかにもあった

◆クレヨンの肌色

クレヨン

ちなみに海外には肌色が12種の色鉛筆もある。何でも消すのではなくそういった考えもありだ

 色鉛筆やクレヨンの「肌色」は色名としては、’00年前後に消滅している。同色の現在の色名は、ぺんてる社が「ペールオレンジ」、大手他社は「うすだいだい色」だ。

「絵は見えたとおりの色で描くのが基本で、肌の色は人により千差万別です。画一的思考にとらわれず描いてもらいたいという観点から変更しました」(ぺんてる社広報)

 業界関係者によると、「年々、日本にも外国人が増えていくなかで、肌色は使いづらい」という声があったそう。

◆ブルマー

ブルマー

機能性抜群で運動着として優れているのに、今は「卑猥なもの」という記号になってしまった

 ブルマーが消えた理由について、『ブルマーはなぜ消えたのか――セクハラの心と傷の文化を問う』の著者、中嶋聡さんは言う。

「ピッタリ型ブルマーは、東京オリンピックがきっかけで、学校現場にも導入されました。ただし、’85年頃から多様な運動着が現れてブルマーの必然性が薄れるとともに、個人主義・人権意識やジェンダー意識の高まりと、学校と教師の権威の低下とが相まって、潜在的にあった『恥ずかしくて嫌だ』という意識が表面化するようになったのです」

 なくなった時期を境に、「したくないことはしなくてもよい」風潮が支配的になったと言う。「制服としてはかせる」権威も文化もない現状で、復活はなさそうだ。

― [あの定番商品]が消えていった理由【2】 ―

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中