花粉&インフルエンザに一番効果的なマスクは?

◆多様化するマスク市場。実はガーゼマスクで十分?

臼田篤伸氏

臼田篤伸氏

 インフルエンザのピークは過ぎつつもまだまだ油断できないこの季節。予防法といえばマスクだが、ガーゼタイプから、密閉度の高い立体マスクまで種類は実に多様。そこで、『インフルエンザと闘うな!』などの著書を持つ歯科医師の臼田篤伸氏に安くて高性能のマスクを聞いた。

「一番いいのは普通のガーゼマスクですね。洗濯すれば再利用できるし、天然素材のため、化学素材のようにアレルギーを起こすこともありませんから」

 ガーゼよりも不織布タイプのほうが高性能なイメージがあるが。

「ウイルスは単独では生存しづらく、多くの場合、何かの微粒子に付着しているため、ガーゼマスクのフィルターでも十分防護できます。『超立体』など密閉度が高いマスクは息苦しく、酸素不足で頭の働きが悪くなるので要注意です。また、粘膜が乾燥した状態だとウイルスが活性化するので、できるだけ鼻や口を加湿することが重要ですが、これはマスク自体を濡らすのが手っ取り早く、ガーゼマスクが一番使いやすい。私が提唱するマスクの上部3分の1を濡らして外側に折り曲げて使う『ぬれマスク』は非常に効果が高いので、ぜひ試してみてください」

 花粉に関しても、価格帯に関係なく、不織布タイプ、ガーゼタイプのどちらも90%以上を除去したという実験データもあるので、花粉時期でもガーゼマスクは十分。

 インフルエンザに花粉症、迫り来る脅威を防ぐには、安くてシンプルなガーゼマスクも悪くない?

<格安良品の選び方>
値段によらず、ガーゼタイプ・不織布タイプでも、ウイルスも花粉も十分遮断可能

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=791423

【臼田篤伸氏】
臼田歯科医院院長。「ぬれマスク」の提唱者としても知られる。著書に『ぬれマスク先生の免疫革命』(ポプラ社)など多数

― 高コスパな[格安良品]【4】 ―

ぬれマスク先生の免疫革命

たった1枚のマスクが、あなたのからだを守る

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中