水ダイエットで身も心もボロボロに……

食事制限しなくても簡単に痩せられる!と一時話題になった水ダイエット。こまめに水を飲むことで体内の老廃物を排出し、基礎代謝をあげて美しく痩せられるというものだが、有名モデルもこのダイエットを取り入れたなどと評判になったことを覚えている方も多いかもしれない。

しかし、なかには水ダイエットにハマってひどい目に会った人もいる。ショップ店員の木嶋浩介さん(30歳・仮名)はそんなひとりだ。ぽっちゃり体系の木嶋さんは「向井理のようなプリプリ肌のイケメンを目指す!」と一念発起。3か月に渡って毎日最低でも4リットル、多い日には8リットルもの水を飲み続けた。「生まれ変わった自分を想像するのが楽しくてしょうがなくて。『とりあえず彼女はつくっておこう』と根拠のない自信で満ち溢れていました」

ところがその結果、モテるどころか体調を崩すハメに。水を大量に飲み続けたせいで胃腸が荒れ、肌もボロボロになってしまったのだ。吹き出物が大量にでき、起きているときは常に下痢状態、という日々を送っていたという。

病院をいくつかまわったところ、「水分代謝異常による水毒症状の可能性が高い」と診断されてしまった。

漢方薬

漢方をはじめ、塗り薬に飲み薬と薬漬けの毎日。「健康のために始めたはずが不健康さに拍車がかかった」と後悔するばかり

巷では2~3リットルも飲めば十分と言われていたのに、その倍以上も摂取し続けたのが仇になったようだ。現在は皮膚科、内科とともに漢方にも頼る毎日。「水を飲み始めて3か月、体調悪化に悩まされて3か月、そして通院を始めて3か月と、ずいぶん長い日々を費やしてしまいました。やっぱり慣れないことはするもんじゃないですね……」と後悔の表情を浮かべる木嶋さん。みんながやっているからと言って、安易なダイエットに走るのは危険だといういい例になってしまった。

週刊SPA!10/25発売号では思いもよらぬアクシデントにあった人々を取材した『30代男がハマった人生の落とし穴告白集』を掲載している。木嶋さんのような悲惨な目に会わないためにも、ぜひご一読いただきたい。

文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!11/1号(10/25発売)
表紙の人/芦名 星

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中