「渋滞最大の敵は景気回復だ!」首都高研究家・清水草一

3月7日16時に首都高C2中央環状品川線が開通し、ついに中央環状線が全線開通します! そんな、今まさに総仕上げの真っ最中の品川線と、15年前から「拡幅しろ!」と指摘し続けているC2板橋-熊野町間の拡幅工事現場を、首都高様の計らいで視察してまいりました

首都高C2中央環状品川線清水草一=文 Text by Shimizu Souichi

◆開通迫る首都高C2中央環状品川線をひと足早く通過してみた!!

⇒【前編】はコチラ

 地下での大渋滞は文字通りの地獄。そんな大橋JCTに反対側からも合流してきたら、地獄が2倍になるんじゃないか!?

 が首都高側は、「大橋JCTの渋滞は、現状より大きく悪化することはない」と予想しているそうだ。

 そう予想する理由の1つは、品川線の開通に合わせて、ループ部の区画線を現在の片側2車線から3車線に増やすこと。これは、せめてもの渋滞緩和策として私も提案しようと考えていたことだが、開通と同時に実行するとは思いませんでした。首都高もやるじゃないか。

 もう1つの理由は、3号線下りでは、渋滞ポイント(三軒茶屋付近)に向けてLEDランプを目標の速度で動かし、速度低下を防ぐ対策も打つという。

 また、その他の対策としては、

・3号線下りに渋谷入口を新設(約4年後完成目標)
・3号線池尻-三軒茶屋間の大規模更新に伴って、下り線の当該区間を3車線に拡幅(約13年後目標)


 など。

 この先、外環道東京区間が開通すれば(東京オリンピック前目標)、3号線下りの交通量はかなり減少が見込める。これらの対策で、大橋JCTの地獄化は防げる……と言う。

 だといいのだが、実は渋滞の最大の敵は、景気回復だったりする。

 景気が回復して交通量が増えると、首都高の場合もともと余裕がないので、わずかな増加でも渋滞は大きく増える。交通量が1割増えると渋滞は約2倍になると思わねばならない。つまり、アベノミクスが順調に成果を上げると、地道な対策ではどうにもならない可能性もある。

 その時は最後の一手として、2号目黒線と第三京浜を地下トンネルで結ぶ案も検討していただきたい。つまり3号線に並行するバイパスだ。乗用車専用にしてトンネル直径を小さくすれば、建設費は3000億円程度で行けるはず。

 ついでに外環ともつなげれば、シブいネットワークが完成する。

 これが、首都高研究家の私にとって、最後の「夢のまた夢」であります。

<板橋-熊野町間は拡幅工事中!>
片側3車線の板橋-熊野町間は現在、サンドイッチ工法で片側4車線化工事の真っ最中。1日15万台も交通量がある場所だけに、全線ストップでの工事は不可能。そのため主に土日の夜間に、1車線もしくは2車線を規制して工事をしている。車線規制は事前に予定日が公表されているので、2車線規制の日は近寄らないほうが得策だ。完成は平成29年度。左下の写真が、従来のラケット型橋脚を新しい幅広の橋脚で挟み込んでいるところ。

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中