脱退から4年、早見あかりが語る「ももクロ」との関係性

「ももクロのクールビューティ」としてメンバーの精神的支柱だった“あかりん”が、グループを電撃脱退したのは16歳のとき。いまや主演映画やNHKの朝ドラ、ゴールデン帯の連ドラへの出演を果たし、女優として大きく成長した。そんな彼女が20歳を迎える誕生日の3月17日、写真集『Twenteen』が発売。これまでの怒濤の活動を振り返り、“新成人の誓い”を聞いてみた。

――ももクロを脱退してもうすぐ4年。ここまでくる過程で、うまくいかない焦りや迷いはありましたか?

早見あかり早見:自分のモチベーションの問題で、どうしたらいいんだろうと思い悩んだ時期も正直ありましたけど、今は本当にこれが天職だと思っているので、がんばらなきゃなって。(※)大学進学をやめたのは、やっぱり自分が変わるきっかけになりました。その後も自分の中ではいろいろ転機があったんですが……それはあまり人に話すようなことじゃないので、自分の中にとどめておこうと思います。

(※)大学進学をやめた 
’13年1月8日、当時開設していたブログで公表。後に雑誌取材で、大学生活への憧れや将来の保険として考えていた進学を断念することで、女優業に専念し、退路を断ちたかったと語った

――こういったインタビューなどで、「元ももクロ」として現在のももクロについて聞かれることも多いかと思いますが、そのことに関してはどう思っていますか?

早見:どう思うも何も、気にならないですよ。私は事実として元ももクロですし、ももクロがあっての私なので。あの時代がなかったら、今の私はいなかったと思ってます。“あかりん”っていう呼び名も、もともと小さい頃からのあだ名だし、今もあかりんはあかりんだよ!(笑)

――(※)『ウレロ』シリーズで共演していた東京03の飯塚さんが、この前ラジオで「ももクロメンバーは今もあかりちゃんちに泊まりに行ったりしてるみたい」と話していましたね。

(※)『ウレロ』シリーズ 
シーズン3まで放送されている、“客前一発本番”で収録される人気コメディドラマ。早見は、劇団ひとり、バカリズムらベテラン芸人の中で度胸溢れるコメディエンヌぶりが評判に

早見:そのとき泊まりに来たのは(※)夏菜子だったんですけど、前の日の夜に「明日ヒマ?」って突然連絡がきて(笑)。お互い忙しいので頻繁には遊んだりできないですけど、なんだかんだ誕生日には連絡したり、時間が合えばご飯に行ったりしてます。

(※)夏菜子 
ももクロのリーダーである百田夏菜子とは結成時からの親友で、今もたまに百田が早見の家に泊まりに行く仲。早見の脱退公演では「デコまゆ 炎の最終決戦」という曲を2人で披露している

――自分がいた頃と比べて、5人が変わったなとか、成長したなと思うところはありますか?

早見:“全力でやる”って部分は変わってないんですけど、すごい大きな会場を埋められるようになって、やっぱりプロ意識が全然違うと思いました。ときどきライブを見に行っても、この人たちカッコイイなって普通に尊敬しちゃいます。でも、ライブ前に「ねえねえ、背中叩いて!」って言う5人の姿は昔のまま。本当に子供の集まりみたいで、輪の中に入ると私ひとりオバサンみたいなんですよ(笑)。

――昨年の大晦日、NHKで紅白直前の番組に出演したとき、控室でももクロのメンバーとも会っていたんですよね。本番でおどけた自己紹介をしろと言われていたそうですが。

早見: (顔の横で両手を上下に振りながら)「マッサン!」ってやれって言われてたんですけど、本番ではさすがに私一人でそんなことできる雰囲気じゃなくて。だから「(顔の横で両手を広げて)早見あかりです」ってやるのが精いっぱいでした。手を上げた努力は認めてほしいです(笑)。

※このインタビューは週刊SPA!2月3日発売号のインタビュー連載「エッジな人々」から一部抜粋したものです

【早見あかり】
’95年生まれ。’11年にももクロを脱退後、モデル・女優として活躍。主な出演作に映画『百瀬、こっちを向いて。』、ドラマ『アゲイン!!』『マッサン』など。ドラマ『セカンド・ラブ』が2月6日から放送。映画『忘れないと誓ったぼくがいた』が3月28日公開。

●早見あかり写真集『Twenteen
夏は沖縄、冬は長野での撮影、自撮り写真、旅日記など、10代最後の貴重な素顔が詰まった一冊(2700円/SDP)。初のドキュメンタリーDVD『早見あかり-A Documentary About Akari Hayami-』も4月3日に発売(4104円/SDP)

取材・文/福田フクスケ 撮影/中山雅文

Twenteen

夏は沖縄、冬は長野での撮影、自撮り写真、旅日記など、10代最後の貴重な素顔が詰まった一冊(2700円/SDP)

早見あかり-A Documentary About Akari Hayami-

初のドキュメンタリーDVD(4104円/SDP)

週刊SPA!2/10・17合併号(2/3発売)

表紙の人/ももいろクローバーZ

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中