「俺うまいよ」と誇張する男は…SEXがヘタな男の共通点

【たもちん恋愛ニュース03】
― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

田母神智子(たもがみともこ)

田母神智子(たもがみともこ)

なんか……、私唯一日刊SPA!さんのコラムでは言いたい放題と言うか、下ネタ全開なので、書いてて恥ずかしくなります(笑)。

ってか、たまに友達とかが見てて、からかわれる分にはいいのですが、気に入ってる男のコから「見たよ~!」とか言われると、自殺したくなります(笑)。

なのに、今回もテーマ「SEXがヘタな男の共通点」(笑)。

なんでしょうかねー。いろいろあるけど。例えば、私の中で絶対的に言えるのは、「イケメンはヘタ」ってこと。

これは周りの友達とも言ってた!イケメンはさ、昔から苦労せずに女からちやほやされてきた生き物だから、“努力”をあまりしないんですよね。いくらカッコよくたって、SEXがイマイチとか、マジ無理。それに比べて、イケメンじゃない男性はやはり違う部分での努力を惜しまないから、SEXも努力していると思う。

あと、やっぱ、女の子を楽しませたい!! って気持ちもイケメンより強いからか、トークとかも面白い!!

前に出会った男のコがさ、話してて「俺、ブサイクだから普通にしてたって全くモテないじゃないですかぁ~。だから自分なりにいろいろ努力してるんですよ~」とか言ってて…。たしかに本当に不細工だったのね。←失礼(笑)

でも、その彼と話ていたら、どうやら彼は日々女のコをイカせる研究をしてたり、どうしたらモテるかを、めちゃくちゃ研究しててさ。初めは「こいつブサイクだな~」ってぐらいにしか思わなかったけど、その話聞いてたら、そいつのこと大好きになっちゃったよ(笑)。だって、話も聞いてておもしろかったし!!

会話がおもしろいと、ついつい心を許しちゃうよね(笑)。かと言って、そいつとはやってませんけどね(苦笑)。でも、彼は絶対SEXうまいと思う(笑)。

また別の友達はこう言ってた。

「俺うまいよ!とか、俺デカイよ!なんて言ってるやつもだいたいヘタだ!」ってね。

だいたいヘタどころか「100%ヘタ」って、言いきってた。(笑)。たしかに、私もそういうヤツとやって、大した事なかったって経験あるけど(笑)。

そもそも、そういう人って、なんで自分で自分のハードルあげちゃうんでしょうね? だって、ある意味、自分で自分の首絞めてるだけですよ。

そんなこと言わなければ、もしかしたら「意外とデカイじゃん!!」「けっこううまいじゃん!!」ってなったかもしれないのに……。自分で「うまいよ!」なんて言うもんじゃないですよね。まったく……。

ってゆうか、世の中のイケメンたちはさ、イケメンで、さ・ら・に・・・・・・

SEXもうまかったらかなり株上がるのにもったいないよね~。

でも、イケメンって、そもそも自分がSEXヘタだってことにも絶対気づいてなくて、自分に酔ったSEXするんだよね~。

だから、私はあまりイケメンって引かれないな~。

SEX

あなたはSEXで女性を満足させてますか?

★たもちんへの質問大募集!
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ
⇒https://nikkan-spa.jp/inquiry

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)。愛称は“たもちん” 。日刊SPA!にてブログ「たもちんのアタシのセックスを笑うな」を配信中

取材・文/ たもちん

女医が教える 本当に気持ちのいいセックス

恋する女の子に贈るちょっと過激な恋愛コラム

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中