『マッサン』で人気のウイスキーの最高峰「世界5大ウイスキー」とは?

『マッサン』で人気のウイスキーの最高峰「世界5大ウイスキー」とは? もはや定番となったハイボール・ブームに続き、NHK朝の連続ドラマ『マッサン』人気もあってか、年代や性別を問わず広く支持を集めるようになったウイスキー。

 さて、そんなウイスキーだが、世界には「5大ウイスキー」が存在するのをご存じだろうか? ウイスキー造りに関して、高い品質と安定的に製造できるシステムを有するアメリカ、スコットランド(イギリス)、アイルランド、カナダ、そして日本の5か国に、それぞれ「5大ウイスキー」と呼ばれている珠玉の1本がある。これらの国は各々独自のスタイルの製法を発展させ、現在では自国のみならず世界中に愛好者が存在するという。

 それぞれの特徴は下記のようになる。

◆アメリカ
 トウモロコシ、大麦、小麦、ライ麦などが原料。夏は暑く、冬は寒いという厳しい自然環境によって生まれる独特の甘さが特徴といわれる。ケンタッキー州が発祥のバーボンウイスキーが世界的に有名。バーボンのほか、原料や製法が異なるコーンウイスキーやライウイスキーなども生産されている。

◆スコットランド
 現在、世界でもっともウイスキーの生産量が多いのがスコットランド。麦芽を乾燥させる際に使うピートの香りが強いものも多く、その特徴的なスモーキーなフレーバーに虜になる人も少なくない。『マッサン』で主人公がウイスキー造りを学ぶため留学したのもスコットランド。

◆アイルランド
“ウイスキー発祥の地”とされ、ウイスキーという言葉の由来は、「命の水」を意味する「uisce beatha(イシュケ・バーハ)」というアイルランド語だといわれている。ほかの産地と比較すると、熟成期間が短いため、軽やかな味わいのウイスキーが多い。

◆カナダ
「5大ウイスキー」のなかでも、軽めの口当たりが特徴なのがカナディアン・ウイスキー。ブレンデッドウイスキーと呼ばれる、2種類の異なるウイスキーをブレンドしたうえで再貯蔵して、製造されたものが主流。

◆日本
 日本でウイスキーが製造されはじめたのは20世紀に入ってからと、ほかの4か国と比べると最後発。しかし、寿司など和食にも合う日本ならではの進化を遂げた今日では、世界中にファンを持つ。


『マッサン』で人気のウイスキーの最高峰「世界5大ウイスキー」とは?

世界5大ウイスキーが一同に。右から「ラフロイグ10年」、「カネマラ12年」、「ジムビーム」、「カナディアンクラブ」、「響17年」

 そんな折、サントリースピリッツ社とビームサントリー社の経営統合によって、世界で唯一「5大ウイスキー」を有するスピリッツメーカーとなったサントリーが、各国代表のアンバサダーを招いて解説付きで楽しめるイベント「ビームサントリー 世界五大ウイスキーアンバサダーセミナー」が行われたので、足を運んでみた。同セミナーで提供をされたのは、アメリカン・ウイスキー「ジムビーム」、スコッチ・ウィスキー「ラフロイグ10年」、アイリッシュ・ウイスキー「カネマラ12年」、カナディアン・ウイスキー「カナディアンクラブ」、ジャパニーズウイスキー「響17年」というラインナップだ。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=795813

 美しい琥珀色をした「ジムビーム」は、バニラやキャラメルのような甘みを帯びた香りが特徴。ただし、一端口に含むと、甘みはほんのりと香る程度で、キリッとした飲み口が印象に残る。ストレート、オン・ザ・ロック、ハイボールとどんな飲み方にも適応しそう。

ジムビーム 続く、「ラフロイグ10年」は香りがともかく特徴的。「磯のよう」とも形容されるこの香りや独特の舌ざわりは好き嫌いがはっきりわかれそうだが、“英国王室御用達”と聞くと、とても大切に味わいたくなる。

ラフロイグ10年 アイルランドの緑を思わせるグリーンのビンが鮮やかな「カネマラ12年」は、スモーキーかつ樽から移った木の香りが複雑に交じり合う。色は5つのなかで一番、薄く、透明に近い。

カネマラ12年カナディアンクラブ」は濃厚な甘み、香りが特徴。飲む口のまろやかさは随一でカクテルなどにもよく使われているというのも納得。

カナディアンクラブ 最後は日本育ちのウイスキー「響17年」。ほかのウイスキーと比べてみると、フルーツが交じり合ったような、その香りの複雑さに驚く。

響17年 普段は、何気なく「ウイスキー」として同種の酒として飲んでいるような気がしても、実際は産地や製法、ブランドによって、その味わいは本当にさまざま。飲み比べてみることで、初めてわかる個性もある。たまにはゆっくりとウイスキーを味わいながら、世界に思いを馳せるのはいかがだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

ジムビーム

バニラやキャラメルのような甘みを帯びた香り

ラフロイグ 10年

「磯のよう」とも形容される香りや独特の舌ざわり

カネマラ 12年

スモーキーかつ樽から移った木の香りが複雑に交じり合う

カナディアンクラブ

飲む口のまろやかさは随一

響17年

フルーツが交じり合ったような、その香りの複雑さに驚く

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中