衝撃&笑撃の悶絶「きたなトラン」に行ってきた!

きれいで美味しい店はある。汚くてマズい店もある。しかし、「汚くて美味しい店」はめったにお目にかかれない。そんな、味にすべての情熱を注ぎ込むあまり、お店の外観や内装には気が回らなくなったに違いない、汚いけど美味い店――「きたなトラン」。

『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)の大人気コーナーが本になった。番組では毎回「ボロボロの看板の食堂」「ホコリにまみれた洋食屋」「油がぬらぬらの居酒屋」「お化け屋敷みたいなちゃんぽん店」……だけど食べたら絶品!という店が登場。本では、そんな衝撃映像のような店が50軒紹介されている。

早速、本を片手に「きたなトラン」をはしごしてきた。

※【フォトレポート】⇒http://nikkan-spa.jp/79877/_dsc1920-2
店内の様子や絶品料理の詳細を公開中!

◆ひさしはぐにゃっと曲がっているが、味はしっかりストレート!

中国料理「味味」まずは、学芸大学にある中国料理「味味」へ。店に到着するや、その外観に唖然! ひさしがぐにゃっと曲がっている……。入り口にどーんと室外機が置かれていてちょっと入りにくい……。店内は狭く、70度はあるだろう急な階段をのぼった2階の一角は倉庫みたいに荷物が山積み……。写真で見る以上にインパクトがある。

気を取り直して、肝心のメニューにトライ。オーダーしたのは麺類で一番人気という「ニララーメン」(800円)。これが絶品! 鶏ガラとネギ、ショウガで取ったスープにニラを山盛りに注いだもので、独特の酸味と甘味が口の中で絶妙にコラボして、味はしっかりしているのに食後はさっぱり。「飲んだあとの〆で食べにくるお客さんも多いよ」と言う大将の言葉も頷ける、ラーメンマニアにも呑兵衛にもたまらない逸品だ。定番メニューの「麻婆豆腐」(1600円)もいただいたが、山椒が効いていて、旨みと辛さが混然一体となって押し寄せる上質なお味だった。

◆“年中ボヤ騒ぎの店”で食す極上の宮崎地鶏

宮崎地鶏専門店の「鳥金」すっかり満足したその足で、渋谷にある宮崎地鶏専門店の「鳥金」へ。ニララーメンの興奮を一気に忘れさせる異様な外観に愕然。壁は黒くすすけて、換気口からは大量の煙がモクモクと。とてもここが渋谷とは思えない佇まいだ。店内ももちろん煙だらけ。しかし、この煙が旨さの秘密。新鮮地鶏にたっぷり脂がのっている証拠。早速、看板メニューの「地鶏もも身炭火焼」(大・1680円)をオーダー。弾力があり、噛めば噛むほど口の中に広がる旨みに昇天しそうになる。さらに付け合せの柚子コショウを混ぜると、また違った味わいを楽しめ、もう箸が止まらない! これだけ素材が良ければ、当然「地鶏の刺身」(630円)も気になる。これまた激ウマ! ニンニク醤油でいただくのだが、食感はバツグンで程よい甘みがなんとも官能的。ただ、煙は洋服についてしまうので、汚れてもいい格好で挑むべきだろう。

とまあ、2軒とも大満足! 人は外見で判断しちゃいけないが、店も外観で判断しちゃいけないと痛感した。

趣向を凝らした接待に、倦怠期のカップルのデートに、サプライズ合コンに……など、さまざまなシーンで重宝しそうな食のアミューズメントパーク「きたなトラン」。

みなさんも、本を参考に、ぜひ一度その扉を開いてみては?

きたな美味い店 KITANATAURANT ― 『きたな美味い店 KITANATAURANT』 ―

壊れかけたオンボロの看板、斜めに傾いている外観、油まみれでベトベトの壁、散らかりまくった店内……でもメニューは絶品! とんねるずもうなった衝撃&笑激の「きたないけど美味い店」50軒を収録! ほか「平井アナのロケ日記」「きたな美味い店の発掘裏話」「Pele 写真館」などコラムも充実。番組ファン&グルメ待望の一冊です!



取材・文/日刊SPA!編集部

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中