東京は“生きる貪欲さ”に溢れている――新世代ロックユニット・GLIM SPANKYインタビュー

「媚びて媚びて媚びまくれ!」と、世渡りのコツを指南するテレビ東京・深夜ドラマ『太鼓持ちの達人~正しい××のほめ方~』の主題歌に抜擢されたのが、平成生まれのロックユニット・GLIM SPANKYだ。「ジャニス・ジョプリンの再来」と称される松尾レミは、赤いドレスを着た水原希子のCMで歌声を響かせ、世間を騒がせた。そんな男女二人が考える、若者なりの“処世術”とは……?

●松尾レミ(REMI MATSUO/Vocal&Guitar/23歳)
●亀本寛貴(HIROKI KAMEMOTO/Guitar/24歳)

GLIM SPANKY

GLIM SPANKYの松尾レミ、亀本寛貴

⇒【vol.1】「上を目指すには人との出会いが大切」平成生まれのロックユニット・GLIM SPANKYの処世術

――上京して、かつて想像していた「東京」のイメージは変わりましたか?

松尾レミ(以下、松尾):昔は「東京」と言うと、ビルと東京タワーとオフィス街、あと渋谷・原宿みたいなごちゃごちゃしてるものだけっていう勝手なイメージがあったんです。綺麗で、洗練されていて、都会的で――。でも実際は、想像よりもずっと人間臭さが街に溢れてて、“生きる貪欲さ”みたいなものがいっぱい地面に転がってて。最初はちょっとビックリしました。

亀本寛貴(以下、亀本):上京した頃は、東京って人が多いし嫌だなと思ってたんですけど、何年も住んでると慣れちゃうんですよね。逆に、田舎に帰ったときに車がないとコンビニにも行けないし、何もできない。あと、こっちだと近所の人のことを知らなくても大丈夫じゃないですか。いい意味でプライベートが保たれるし、こういう活動をするには東京は居心地がいいですね。

――上京する時に、ベースとドラムのメンバーは「地元で就職したい」と言って今の二人組になったそうですね。確かに長野県の出身だと、地元に残って働いている友人がほとんどですよね。

GLIM SPANKY亀本:同級生でも、結婚して子どもがいる人は多いですね。でも、それはそれで幸せそうじゃないですか。子どもを育てて働いて、刺激もあるし楽しいだろうし、やりがいもあると思うんですよ。だから僕は、自分たちの方が変なことをしてるっていう感覚が強いですね。

松尾:上京すると、価値観が変わるんですよね。田舎にはほとんど娯楽施設がないし、結婚して仕事をして子どもを育てて……それもひとつの選択肢ですけど、東京には、その数十倍、数百倍の選択肢が転がり落ちてるから……。

田舎では夢物語だったことが、こっちだとその夢物語で生活してる人が当たり前にいて。「音楽やってる」って言うと、田舎だと笑いものにされて「早く就職しなよ」って言われるんです。でも東京だと「あ、知り合いにプロのミュージシャンいるよ」とか当たり前の世界で、やりたいことが何でもできる気がします。

亀本:それはあるね。田舎にいたら、環境的にそういう発想にはなれなかったと思うんですよ。

――実際にメジャーデビューして音楽番組にも出演して……となると周りの見る目も変わるんじゃないですか?

GLIM SPANKY松尾:それが、もう……(手のひらを返す仕草で)これですよ。新曲にも書いてますけど(笑)。

亀本:すごいよね。

松尾:当時、早くバンド辞めろって言ってた人が「え~すごいね~」みたいなこと言ってきて「なんなんだ?」って思いますよ。でもむしろ、もっと私たちの曲をいい曲だって思わせてやるぜ、って気持ちです。地元は基本的にテレビ文化なので、テレビに出るだけでもう見る目が変わります。

亀本:地元では、かっこいいからすごい、じゃないんですよね。テレビに出るからすごい、ライブでこれだけ人を動員してるからすごい、だからすごいんだって評価をする人がほとんどなんです。だからこそ地元でも認めてもらうには、そういう結果を残していかなきゃいけなくて。テレビ出演やドラマのタイアップはありがたいし、そういう活動を積極的にやりたいですね。将来的には、自分たちのファンを引き連れて、地元でライブができるようになりたいです。

――今もテレビの影響は絶大ですね。では最後に、メッセージをお願いします。

松尾:私自身も、乗り越えていかなきゃいけない壁が何千とあって、新入社員の方も40、50代の会社員の方も、年齢は違えどそれぞれ壁があると思うんです。とにかく「褒めろよ」を聴いてほしいですね。カップリングは今までの自分たちの音楽に近いし、メッセージが込められた曲ばかりなので。

亀本:ちょっとでも活動する原動力になってくれたら嬉しいですし、これからも人の背中を押せる、気持ちを動かせる音楽を作っていきたいと思っていますので、ぜひ聴いてみてください。

●GLIM SPANKY「褒めろよ」(MV) – (http://youtu.be/oB_y6YpDJRw



<GLIM SPANKY イベント&ライブ情報>

●1st Single「褒めろよ」発売記念インストアイベント

日時:2月20日(金) 21:00~
会場:東京・タワーレコード新宿店

日時:2月28日(土) 15:00~
会場:大阪・タワーレコード難波店

日時:3月1日(日) 15:00~
会場:愛知・タワーレコード名古屋近鉄パッセ店

●「褒めろよ」リリースツアーファイナルワンマン“Velvet Theater in 東京キネマ倶楽部”

日時:5月17日(日) 17:00開場/18:00開演
会場:東京キネマ倶楽部

http://www.glimspanky.com

GLIM SPANKY 公式Twitter/@glimspanky

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

褒めろよ

疾走感溢れるサウンドと松尾レミの歌声が魅力


正しいブスのほめ方

社交辞令は現代に生きる大人のマナー


正しい太鼓のもち方 上司を転がす35の社交辞令

褒めて、頼って、気に入られる「子分」という生き方

孤独死した60代女性、“お一人様”の最期は認知症でゴミ屋敷に…

孤独死
 玄関の扉を開けると、部屋にはうずたかく廃棄物が積まれたゴミ屋敷の光景が広がっていた。独身で認知症を患っていた60代女性の「孤独死」の現場だ。  核家…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中