錦織圭も乗ってるジャガーFタイプを試乗! 英国系超高級スポーツカーを一気乗り

モックンが言うとおり、高級車がちゃんと走ってない国って、先行きが心配になったりするわけですが、上には上がおりまして、世界には1台で高級車が何台も買えちゃう超高級車がバンバン走っている国があります(ドバイとか?)。そこで今回は、大躍進中の英国系超高級スポーツカーに一気乗り。超高級車の何たるかを堪能させていただきました!

マクラーレン・スパイダー650SMJブロンディ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆外資の力で大復活!英国系超高級スポーツカーを乗り比べてみました

 毎年真冬の大磯で開催される、日本自動車輸入組合(JAIA)の大試乗会は、自動車マスコミ関係者にとっての盆と正月のようなもの。不肖ワタクシは27年連続の出席ですが、毎年ありがたくて涙が出ます。

 実はこの大試乗会、安倍政権誕生以来、年々超高級車ブランドの出展が増えていて、今年は8社も参加してくださいました。この試乗会に出展すると、本欄の担当Kみたいなシロートも喜び勇んで乗るので、ぶつけたり壊したりするリスクも高いのに、本当にありがたいです。

 で、その超高級ブランド8社のうち、実に4社がイギリス系ブランドでした。

ジャガー・ランドローバー
アストンマーティン
マクラーレン
ロールスロイス


 イギリスの自動車産業は、60年代の英国病とともに凋落が始まり、生き残ったブランドもほとんどが外国資本に買われた。でも資本がどこかなんて乗るほうにすりゃどうでもいいこと。イギリスの超高級車ブランドは外資導入によって復活し、現在大躍進中なのだ。

 なかでもスポーツカーが元気で、この他ベントレーがVW傘下でブイブイ言わせ、超高級車じゃないけどスポーツカーの雄・ロータスも生きている。

 ということで、今回はイギリスの超高級スポーツカー3台に乗らせていただきまして、ありがたくその報告をさせていただきます。

<その1 ジャガーFタイプRクーペ>
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=804390

ジャガーF-TYPE Rクーペ

ジャガーF-TYPE Rクーペ(550馬力)1327万円!

 ジャガーは経営危機により’89年にフォード傘下に入ったが、’08年、フォードの経営危機でインドのタタモータースに売却された。以後、タタの放任主義の恩恵を受け、従来のイメージを捨てて全モデルを大刷新し、大飛躍を遂げている。

 錦織圭君も乗ってるFタイプは’13年に登場。Rクーペはその最強バージョンだ。エンジンは5リッターV8スーパーチャージャー、最高出力550馬力! アクセルを床まで踏み込むと、「バキューンズババババババババ!」とものすごい炸裂音が轟いて脳天に快感が走る。サウンドの派手さは世界一、デザインも超絶美しいッス。これで1327万円は安い! 安すぎる! 大英帝国をナメたらあかん。

<その2 アストンマーティン・ヴァンキッシュ>
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=804395

アストンマーティン・ヴァンキッシュ

アストンマーティン・ヴァンキッシュ(576馬力)3518万円!

 ボンドカーで有名なアストンマーティンは、経営危機により’87年にフォード傘下入りしたが、ジャガー同様、’07年に売りに出され(捨てられ)、レース界のヤリ手イギリス人がクウェート資本を集めて買収、大復活を遂げている。

 で、ヴァンキッシュはアストンマーティンの最強モデル。6リッターV12エンジンは576馬力を誇り、その回転フィールはまさに工芸品そのもの。思わず土下座したくなる神々しさだ。お値段3518万円。大英帝国はずっと格差社会です。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/802035

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中