実は鬼のように燃費が良いガイシャ最新事情

これまでも初代プリウス VS ポロ、RX450h VS トゥアレグなどの燃費対決を実現してきたSPA!燃費調査隊。今回の我々の標的は、最新のボルボS60を筆頭に、アウディA5スポーツバック、シトロエンC5の3台。心ゆくまで燃費対決を堪能しました!

  いまだに「ガイシャは燃費が悪い」と思ってる下流読者諸君、こんにちは!

 実は最近のガイシャは、鬼のように燃費が良かったりする。その中核はハイブリッドではなく、「小排気量直噴ターボ」であります。

 なにをかくそう私自身、最近シトロエンC5という超高級ガイシャを買いましたが、これがなんと、平均でリッター14km近く走っている。我が大和(ド中古で買った初代プリウス)がリッター19kmくらいだから、そんなに変わらんぞ?

 国産同クラスの高級セダンは、せいぜいリッター10km。クラウンハイブリッドやフーガハイブリッドだって、平均したらリッター12〜13kmくらいっきゃ走らん。高級車の分野では、今や国産よりヨーロッパ車のほうが燃費がいいんだよ!

 しかも我がエグゾセ(シトロエンC5)、カタログ燃費はたったのリッター10.2km。それで実際には14くらい走るわけだ。国産車の場合、実燃費はカタログ値のせいぜい6割だけど、ガイシャは実燃費のほうが良かったりする!

 それは国産車が、日本のカタログ燃費(10・15モード)に合わせてチューニングしてるからプリウスのリッター38kmなんて、公道じゃ絶対無理だもん。一種のホームタウンディシジョンですな。だからカタログだけ見ると、「ガイシャは燃費悪い」って思っちゃうんだけど、実際はそうでもないわけ。

 と言われても信用できないかもしんないので、今回は3台のガイシャ(直噴ターボ)を集めて、実際に燃費を計測してみました

(つづきを読む)


SPA! AUTO CLUB Vol.682
驚異のリッター18km!ガイシャってこんなに燃費がイイの!?
VOLVO vs CITROEN vs AUDI

MJブロンディ=文 池之平昌信=写真

SPA!燃料調査隊(MJブロンディ、流し撮り職人、安ド二等兵、本誌K)

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中