“ラスト陰陽師”が恋のパワースポットで体験した不思議な出来事とは?

 “陰陽師”と聞くと、平安時代に活躍した安倍晴明をイメージする人が多いだろう。現代に活躍する陰陽師として、20~30代の女性を中心に人気沸騰中なのが“ラスト陰陽師”こと橋本京明氏。大手芸能事務所・サンミュージックにも所属するイケメン占い師だ。

 橋本氏がブレイクしたきっかけは2009年に出演したフジテレビ系の人気深夜番組『うわさ体感バラエティ くちこみっ』。鑑定に来た人が相談内容を言う前に核心部分をズバリいい当てたりと、驚異的な的中率が話題となり、瞬く間に“スター鑑定師”の仲間入りをした。
 
 今も精力的に鑑定を行っているが、予約を取るのが困難な鑑定師の一人である。

 そんな橋本氏が最新刊『しあわせを運ぶ陰陽開運術』(扶桑社刊)で「今、日本でもっとも注目するパワースポット」と挙げているのが島根県松江市だ。実は松江市は“縁結び”をテーマに観光を精力的にPRしており、最寄りの空港も「出雲縁結び空港」という気合の入ったネーミング。神社仏閣も多く、スピリチュアル愛好家の間でも人気の観光地だ。

城山稲荷神社

城山稲荷神社は穴場パワースポット

 橋本氏は著書でいくつかのパワースポットを巡っているが、特に気に入っているスポットは松江城ちかくの城山稲荷神社だという。松江市ゆかりの作家・小泉八雲も気に入って通っていたという神社だ。記者も同行させていただいたのだが、ロケ中に起こった不思議なエピソードをご紹介しよう。
 
 それまでクールな表情を崩さなかった橋本氏の表情が、ガラリと変わった。

「強力な開運パワーをいただけるスポットです。境内には大小さまざまな1000体ものキツネの像が祀られていますが、あなたに特別にパワーを送っているキツネがあるはず。訪れた際には、ぜひ探してみましょう」

狛犬

狛犬もこころなしか嬉しそう!?

 と、橋本氏。稲荷神社特有の朱塗りの鳥居をくぐったとたん、子供のような明るい笑顔となり、「ここは素晴らしいパワーに満ちていますね!」と狛犬と自らツーショットを撮る。
 
 不思議なエピソードはここからである。日本屈指の縁結びスポットとして有名な、八重垣神社に行ったときのこと。橋本氏は本殿をお参りしてから、急にスタスタと本殿うしろのほうの竹やぶの方に向かった。上空を眺めて、『ここには神様がたくさんいらっしゃいます』とおもむろに言い、そのあと、『今、佐々木と聞こえた』と橋本氏。それがどういう意味なのか、撮影スタッフ一同、首をかしげた。

 が、記者はびっくり仰天。「佐々木」とは、実は記者の本名の姓なのだ(ビジネス上は旧姓のままなので、橋本氏は知る由もない)。でも、名字だけ言って終わりって、某カルト教団の指名手配のキャッチ(?)である「おい小池」くらい、ぶっきらぼうじゃないか!? 神様ってそーゆうキャラなの?

八重垣神社

八重垣神社を訪れたら、鏡の池で出会いの時期を占おう

「先生、佐々木の後に神様はなにか言ってなかったですか!?」と聞いても、橋本氏はフフッと笑うだけ。残念ながら肝心なところは聞けなかったが、不思議な出来事には変わりない。
 
 昨今パワースポットを訪れる人は多いが、「どんな場所にも陰と陽があるということを忘れずに」と橋本氏。パワースポットでもらった良い気を長続きさせる方法や、逆にちょっとゾクッとするようなときの対処法など、橋本氏の著書には陰陽道をもとにした開運法が満載だ。
 
月照寺,大亀

月照寺の有名な大亀。夜ごと動いて町に出たという伝説が

 橋本氏が松江を訪れて感じたキーワードは“恋”だという。牡丹が見事な日本庭園・由志園、松江歴史館、月照寺、揖夜神社など、ほかにもおすすめパワースポットをあげている。コンカツ中の人はもちろん、彼女や彼氏が今すぐ欲しい人は、まずは「縁結びスポットにでかける」というアクションを起こすところから始めてみては!?

神話の国 縁結び観光協会 公式HP
http://www.en-musubi.net/

取材・文/ならこ

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中