激安デリヘル摘発のきっかけは“客のタレコミ説”の真偽「ブスな嬢が来た腹いせに…」

「出勤して、いつものネットカフェで雑誌を読みながら待機していると、いきなり数人の捜査員らがなだれ込んできました。私も軽い気持ちで本番しちゃってたけど、まさかこんなことになるなんて……」(元サンキューグループ従業員女性)

 全国21都道府県65か所でデリバリーヘルス店を展開するサンキューグループは「30分3900円」を掲げた、激安風俗店の代表的な存在だった。しかし、裏では客からは「安くて本番ができる」との評判もあった。売春防止法違反(周旋)の疑いで逮捕されたのは、同グループの創始者で会社役員の吉田浩二容疑者(61)ら計21人にも上る。

[激安風俗店・サンキューグループ摘発]の思わぬ余波 捜査関係者によると、全国展開のデリヘル店を一斉摘発するのは過去に例がないという。昨年5月から10月までの間、東京・池袋など計6か所のデリヘル店で、女性従業員7人に売春させた容疑について、3人は容疑を認めるものの、吉田容疑者ら18人は容疑を否認しているという。

 サンキューグループは池袋に総本店を置き、約4年前から直営店やフランチャイズ店を全国展開していたとみられる。吉田容疑者には、直営店の売り上げやフランチャイズ料を含め年間4億円の売り上げがあったという。

◆ブス女が来た腹いせに客が警察にタレコミ!?

 今回のサンキューグループ摘発について「写真と違いすぎるブスな嬢が来たから、客が嫌がらせで警察にタレコミした」と一部報道があったことで、ネット上では「客のタレコミ説」が独り歩きを始めてしまった。その結果、事件は面白おかしく誇張され、一気に広まる。しかし、全国紙社会部記者はそれを否定する。

「実際は別の事件で逮捕されていた元サンキュー嬢の『本番を強要されていた』という供述から摘発に至ったといいます。サンキューグループでは、プレイ時間が60分以上の高額コースには本番が裏オプションとして組み込まれていたそうです。もちろん、ホームページなどで『60分以上は本番OK』なんて書けません……」

 同店の高額コースは生AF(アナルファック)、尿顔射、スパンキング、牛乳浣腸などのさまざまなハードプレイが組み込まれている。しかし、オプションがすべてできる嬢だけとは限らない。その結果、「実はオプションができないので、本番で……」と本番に走っていたというわけだ。冒頭の元サンキュー嬢は、店による本番強要の実態をこう話す。

「面接の際、男性スタッフから『場合によっては本番もある』と言われて、まぁ、そんなもんかなって。あたしはお尻でHするのはちょっと嫌だったからフツーに本番してました。私の場合ハッキリと本番しろって言われたことないけど、女のコによっては『尻(AF)が嫌なら前を使え』って言われてたらしいです。お客さんもそれを知ってて遊んでたみたいで、『本番できねえぞ』ってクレームが入って、スタッフから説教されたコもいたって聞いたことがあるよ」

 仮にも営業許可を受けた風俗店である。そこに堂々と本番できないとクレームを入れる客がいることが、この事件の異様さを物語っているのではなかろうか。

取材・文/高木瑞穂
― [激安風俗店・サンキューグループ摘発]の思わぬ余波【1】 ―

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中