全米で物議を醸している『アメリカン・スナイパー』の謎を解く戦争映画【後編】

⇒【前編】はコチラ

◆路肩爆弾の腹いせにおんな子どもを虐殺

ハート・アタッカー お次は、米海兵隊、過激派、一般市民の3つの視点から実際の虐殺事件を再現した英映画『ハート・アタッカー(原題:ハディサの戦い)』(’07)だ。

 同時並行でそれぞれの置かれた立場が見て取れる傑作である。

 海兵隊を乗せた軍用車両の一団が路肩爆弾の攻撃を受け、民家の方角からも銃撃されたため、当たりを付けた民家に海兵隊が侵入し、女性や子どもを含む非武装の一般市民24人を殺害した実話に基づいている。

 映画は、占領後に失職した中年の元イラク兵ら2人が前金500ドル(成功ならプラス500ドル)欲しさに、IED(即席爆発装置)の設置をアルカイダから請け負うシーンから始まる。アルバイト感覚なのに驚くが、生活レベルが低いので、決して突飛な選択ではないことが描かれる。

 一方、一般市民の対応は、我々日本人の庶民感覚とさして違わない。

 近所の道路にIEDを埋める先の2人組を目撃するものの、米軍(や警察)に通報すれば過激派からの報復が待っているので関わり合いたくはないのだ。

「米国人に通報すればテロリストに殺される。黙っていたら米国人は反乱者に協力したと言う。どうしたらいいの?」と相談する主婦たちに、地元の年長女性は「分からない」と戸惑う。まさに究極のジレンマだ。

 そこまで背景が示された上で路肩爆弾が炸裂する。

 米海兵隊員が1人死に、重傷者も出る。民家の一部を不法占拠した2人組から銃撃された海兵隊員はパニックとなり、周囲のイラク人全員が敵に見えてくる。そして、民家に手榴弾を投げ込み、突入するなり女性や子どもに集中砲火を浴びせる凶行に及ぶのだ。もはや悪夢としかいいようがない。

 海兵隊員の「仲間をやったな!」という的外れな台詞が印象的だ。

 さらに、走っているだけで敵とみなして射殺するシーンがあるが、実際、交戦規定は現場で緩和されるものだったらしく、一般市民でも「携帯電話を持っている」とか「逃げている」だけで蜂の巣になることが珍しくなかった。

リダクテッド 真実の価値 当たり前だが、過激派はこういった状況をもプロパガンダとして利用する。

 米国への報復感情は高まり、過激派のシンパ・戦闘員は増加する。

 米映画『リダクテッド 真実の価値』(’07)では、検問所で射殺された者の大半が一般民だったことに言及したが、これらの不都合な真実が語られないため『アメリカン・スナイパー』では、イラク人は「野蛮人」にしか映らないのである。

◆戦場に行くたびに仲間を失いPTSDに

 映画『アメリカン・スナイパー』で描かれるクリスは、原作の「イラク人のために戦ったことなど一度もない。あいつらのことなど、糞喰らえだ」「つくづく思った、私はやはり戦争が大好きなのだと」(クリス・カイル他著『アメリカン・スナイパー』田口俊樹他訳、ハヤカワ文庫)などと異なり、どちらかといえば葛藤するヒーローとして造形されている。

 見てくれを意識した原作よりもこちらの方が実像に近いのだろう。

 その半面、クリスは何度も何度もイラク行きを希望している。

ハートロッカー 爆弾処理班にスポットを当てた『ハートロッカー』(’07)で、IEDに果敢に立ち向かうウィリアム・ジェームズ一等軍曹(ジェレミー・レナー)が、結局はイラクに舞い戻ったのとまったく同じである。

 戦場での高揚感もその理由の一つだが、戦友を守りたい気持ちも強い。だが、戻れば戻った分だけ悲惨な体験が積み重なり、精神がむしばまれることになる。

 大義のない戦争では「自分と仲間を守ること」しか動機付けにならない。

 クリスの「仲間を守るために殺した」は、逆にいえばそこにしか動機が見出せなかったともいえる。しかし、誰もが無傷でいることなど不可能だ。

 その結果が、PTSDであり、現在米国が直面している帰還兵問題なのである。

 つまり、『アメリカン・スナイパー』は、イラク戦争という米国(当時のブッシュ政権)が生み出した「負の遺産」を一身に背負った悲劇のスナイパーの伝記映画として理解すべきなのだ。

「米軍では、毎日18人の帰還兵が自殺している。退役軍人省の管轄下で治療を受けている元兵士のうち、毎月1000人が自殺を試みる。自殺する帰還兵のほうが、国外の戦闘で戦死する人よりも多い」(アーロン・グランツ他『冬の兵士―イラク・アフガン帰還米兵が語る戦場の真実』TUP訳、岩波書店)。

 こんな無茶苦茶な状況を一体誰がもたらしたのか。

 それはあまりにも明白だろう。

文/真鍋 厚

テロリスト・ワールド

なぜ、それは〈テロ〉と呼ばれるのか?


ハート・アタッカー

圧倒的リアリズムで描いた戦場の恐怖と混乱、そして闘う魂

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中