あなたは大丈夫? 男の“ぶりっ子”文面が女性に大不評!

ぶりっこおじさん

どんな顔して文章を打ってるのか想像したくはない……

いい年こいて乙女のような文面の日記やツイートをする男が目立つような気がする、と筆者は感じている(さては、筆者の周りだけ?)。女性目線から見て、それが非常に痛々しいというか、人間性が図られるといっても過言ではないように思う。

たとえば、つぶやきレベルで言えば以下のような感じだ。

みんな、おはよ。今朝のお目覚はたらこスパゲッティです!おいちぃ! 今日も一日がんばるぞーい! とうりゃぁ!!o(・ロ・)○()o×)/ばきぃっ!!」(34歳・運送

モンブラン大好きな俺っち、今日やっと食べられてとってもハッピーなのだぁヽ(^◇^*)/
ワーイ
」(44歳・IT)※ごっつい手が写ってるモンブラン写真

はろ~。猫が大好きなタカにゃん(自分のこと)です! 今日の娘(猫のこと)はいつにもましてきゃわいいにゃ~~o(≧∇≦o)(o≧∇≦)oきゃ~」※ブレた猫の写真

これらが10代のギャルならわかる。しかし立派な中年男性がここまでぶりっ子すると、アレである……。

彼らに共通するのは、必要以上に仲間意識が強いところ。故にその発言に返信やコメントがつくようならば、「ありがとー(^з^)-☆Chu!!」「みんな大好きだよ(ハートが5個くらい)」など、漏れなく顔文字や絵文字がついてくる。アイドルにでもなったつもりなのか計り知れないが、即レスが基本だ。

また、覚えたてのネット用語をやたらと多用するのも特徴的である。

新橋なう!人を待ち伏せしてるなう!10分早く着いちゃったから暇してるなう!誰かコメントきぼんぬwwwwwwwwwww」(40歳・介護)

みなさんに発表があります(笑)。今日俺は(爆笑)、初めてDSをプレイしました(大爆笑)。やったのは動物の森~(超爆笑)」(39歳・不動産)

ひとりで爆笑してどうする、とツッコミたくなるが、残念ながらいい年になってしまうと、若い女子から指摘を受ける事はまずない。本人はいつまでもフォロワーやマイミクのみんなにアイドルっぽく振る舞い続けるのだ。

芸能人の“ぶりっ子おじさん”こと上地雄輔のように熱い発言をする人まで。

みんな、昨日は誕生日のお祝いコメントありがとう!!!俺、思わず泣いちゃったよ(ウルウル)!!!!みんながいるから生きてこれたんだなぁと痛感するよ!!!!!!俺は幸せ者だね!!!これからもよろしくね!みんな!!!!!with love」(44歳・外資系)

熱すぎてむしろ引く。

しかし、ここまでひどいのは論外だが、女性はわりと男性の文面にはうるさいようで……。

「いくら直接付き合っていい人でも、センスのない文章を書く人は、人としてのレベルが低いように感じます」(26歳・OL)、「いい年齢だからこそ絵文字や(笑)などを使わないきちんとした文章を書いてほしいと思う」(29歳・アパレル)、「やたらと改行するのも芸能人に影響された感じがして薄い気がします」(25歳・広告)、「アイドルぶってるのってむしろキモイ」(30歳・出版)

若いコの気を引きたいのか、目的はさまざまだと思うが、かっこいい中年でありたいなら、まずは発言を見直すところから始めたほうがよさそうだ。

取材・文/ビン・カーン

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中