“球団愛”が強いカープ選手たち。愛車はやっぱりマツダなのか?

広島東洋カープ

広島東洋カープ公式サイトより

 ついにプロ野球が開幕した。日本ハム・大谷翔平の「二刀流」や松坂大輔の日本球界復帰など今年も見どころは多いが、開幕前から高い注目を集めているのが広島カープ。

 年俸20億円の契約を蹴って米ヤンキースから古巣復帰した黒田博樹、「メジャー挑戦よりも広島で優勝することが目標」と残留を決意した前田健太。「プロはカネやキャリアを追い求めるのが当たり前」という風潮があるなか、“球団愛”を優先する選手が多いところも、カープファンが「今年こそは!」と24年ぶりのリーグ優勝に高い期待を寄せていることが推察される。

 カープ選手たちのありあまる球団愛。サラリーマン社会に置き換えてみれば、“愛社”精神ともいえる。では、愛社ならぬ“愛車”についてはどうなのだろうか。広島といえば、マツダだが、やはりカープの選手たちの愛車もマツダなのだろうか。

 ベースボール・マガジン社が毎年発売している「週刊ベースボール 2月21日増刊号 2015プロ野球全選手カラー写真名鑑」によると、広島東洋カープの選手に一番人気の車は以下の通り。

<選手>
・4人…トヨタ(レクサス、ヴァンガード、ヴェルファイア、セルシオ)
・3人…メルセデス・ベンツ
・2人…キャデラック(エスカレード)、ハマー
・1人…ポルシェ、フォード(マスタング)、ボルボ、フェラーリ、クライスラー
・0人…マツダ、他


 カープの全選手74人(育成選手を含む)のうち、愛車に「マツダ」を挙げている選手は一人もいなかった。

 ちなみに、最後にカープが日本一に輝いたのは1984年。その翌年に発売された「プロ野球選手写真名鑑」では、選手の愛車で1位となったのはマツダ(6人)で、続いてメルセデス・ベンツ(4人)となった。1985年と言えば、高橋慶彦、衣笠祥雄、山本浩二らがカープに所属していた黄金期であるが、当時はマツダ車が一番人気だったのだ。

 そもそも昨今では、プロ野球選手の愛車欄は未回答が目立つ。これらの選手は愛車を所有していないのだろうか? 週刊ベースボール編集部によると「選手のプロフィールはあくまで自己申告なので、愛車を持っていても回答しない選手もいる」とのことだ。回答しないのは、マツダを意識してのことなのだろうか……。

<広島カープ「愛車」欄の回答率(監督・コーチを含む)>
・10~20代…12%(50人中6人)
・30代…44%(27人中12人)
・40代…75%(12人中9人)
・50~60代…40%(5人中2人)


 マツダは、今年もプロ野球・オールスターゲームの冠スポンサーを務め、地元・広島東洋カープの筆頭株主でもあるが「親会社」ではない。筆頭株主は、球団経営への意思決定に多大な影響を持つことが多いが、マツダ広報担当によると「球団は独立採算で運営されており、経営には関わっていない」という。

「Mazda Zoom-Zoom スタジアム広島」という球場名も、あくまでネーミング・ライツとして広島市に広告費を支払う形で契約されているものである。

 広島球団は1975年以来、黒字経営が続いており、赤字になってもそれを補填する親会社を持たない「市民球団」だ。県はマツダ車を公用車に採用するなど、両者の関係は切っても切れないものではあるが、意外とそこはドライなのだろう。

 空前の“カープバブル”に、赤ヘル黄金時代の再来となるのだろうか。

<取材・文/北村篤裕>

新感覚の氷点下ハイボール「ブラックニッカハイボール(350ml)6缶セット」を抽選で10名様にプレゼント

NIKKA
sponsored
「フリージングハイボール」とは、 クセのないクリアな飲み心地のブラックニッカ樽詰めハイボールを使いアサヒビールが独自に開発した氷点下(-2℃~0℃)抽…

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(32)
メンズファッションバイヤーMB
「冬のセール」で“格安良品な服”を手にいれる3つの方法
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
“デリヘル先生”だけじゃない、最近の風俗トラブル&摘発に異変あり!?
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ストーンコールド“ロイヤルランブル”初優勝――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第240回(1997年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
3000円のハンバーガー――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
カップル成立数は100組超!「巨大シェアハウスなら女性と出会わないほうが難しい」
爪切男のタクシー×ハンター
風俗店で一回の射精と一回の恋をして気づく「人を好きになるのに理由なんていらない」
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中