松坂大輔の入団で波紋が広がるソフトバンク【スポーツ記者の裏話】

球春到来。いよいよ2015年のプロ野球が開幕する。キャンプからオープン戦にかけてチームに密着した記者たちは、今季のプロ野球をどう見るのか……。舞台裏をこっそり聞いてみた。

◆松坂大輔の入団が波紋を広げる

福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイト

福岡ソフトバンクホークス オフィシャルサイトより

 昨季に続いて金満補強を行ったソフトバンク。だが、この買い物に懐疑的な記者は少なくない。

「ニューヨーク・メッツから松坂大輔を3年契約12億円で獲得していますが、そんな価値は一切ないですよ。メジャーの球団はシビアで、使い物にならないと思った選手はバッサリ切る。それが今の松坂への正しい評価ですよ」(全国紙プロ野球担当記者)

 確かに、オープン戦ではいいところなし。130km台の直球は走らず、制球も難だらけだ。

「松坂は肩を壊してからおかしくなった。大腿筋もいためていたようで、あんな上半身をくねらせた投球フォームでは、通用しないでしょう。これだけキャリアがある選手が、今になってピッチングコーチに、フォームについていろいろ聞いているようではダメ。正直、年俸なんて1000万円でもいいくらいで、話題作りのためだけの選手じゃないでしょうか」

 そんな松坂を、工藤公康新監督は特別扱いしないと公言しているが、監督自身も松坂に負けず劣らずの低評価をされている。

「現役生活を長続きさせようと、絶対に無理はしなかったのが工藤。『隔年投手』とも言われ、年に数えるほどしか投げないような自分大事だった監督の言うことを、投手陣は聞いてくれるのか。コーチたちも工藤の指令を本気で受け止めていないし、野手もどこまで工藤の指示に従うか……」

― [2015年プロ野球]を飛躍的に楽しく観戦できるツボ【1】 ―

合コンで「痛い男」認定される言動――初対面で年齢や容姿をいじる、勝手な判断やアドバイスをしがち…

合コンで「痛い」認定される男の発言には特徴がある
 飲み会や合コンでは、日夜「痛い発言」が飛び交っている。どんな発言が痛いと思われてしまうのか。ツイッターで男性の勘違いや女心の機微をつぶやいて多くのR…

40代「逃げ恥おっさん」が気持ち悪い…ガッキーかわいいを連呼、星野源に嫉妬、正確な記述を競い合う

「逃げるは恥だが役に立つ」(逃げ恥)エンディング 恋ダンス
 現在放送中のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS系)がいまネットを中心に話題になっている。  物語は、星野源演じる会社員の津崎平匡の家に新垣結衣…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(31)
メンズファッションバイヤーMB
オーダーシャツが4980円でつくれる激安時代、プロも驚く採寸システムとは?
山田ゴメス
女子の間で秘かに流行りつつある「朝セックス」ブームは、男にとっても好都合なワケ
オヤ充のススメ/木村和久
竹原ピストルがオヤジのハートを鷲掴みする理由
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ブレット対ストーンコールド=序章――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第235回(1996年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「今夜、君に恋に落ちてしまいそうだぜ」――46歳のバツイチおじさんはクサすぎるセリフをさらりと口走った
原田まりる
芸の細かさが目立った2016年地味ハロウィン
大川弘一の「俺から目線」
平穏を望む銀座ホステス・美琴――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
一流芸能人GACKTのギャンブルセンスをプロギャンブラーが採点
爪切男のタクシー×ハンター
チンコのような温かさで私を強くきつく抱きしめて
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
希望の星は16歳のJK! ジャッジ次第で天国と地獄[五輪最恐の採点競技]とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルはいつでも迷っているんです「集客ができない! フォロワーが少ない! 肩書きがない…」
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「ね~え、一緒にお風呂入ろう?」リーマンショックで落ちぶれたおじさんの哀号
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中