高級デリヘルで働く現役女子大生のプロ意識「金額以上のサービスができないと次なんてない」

 一発単価が4万4000円(70分)のデリヘル嬢・ななみさん(20歳)は、現役女子大生でありながら高級デリヘルとAV女優という二足のわらじを履いている。

母子家庭の女子大生、高級デリヘル嬢とAV女優で稼ぐプロ意識「もともとはクラブでバイトをしていたんですが、同じ大学で風俗をしている先輩に誘われて働いてみようかなって。母子家庭なので、母に負担をかけないためにも生活費や学費は自分で稼がなきゃいけないし。AV女優として活動を始めて自分のブランド力も上がった頃、タイミング良くスカウトマンに今のお店を紹介されました。この業界はまずスカウトマンがそのコに見合うお店を勧めるので、そこでそのコの価値が決まるんです」

 デリヘルの月収は多いときで160万円ほどになるという。

「高いお給料を貰ってる分、仕事と学業の間にジムに通ったり、分刻みで必死に頑張ってる。だから『自分を安売りしたくない』っていうプライドは強いかもしれません。お客さんも金銭的に余裕がある人が多いけど、高いお金を頂いてるので金額以上のサービスができないと次がないんです」

 “高級嬢”として稼ぐには、自己分析と自己演出が重要になる。

「私の場合は両極端な“現役大学生の初々しさ”と、“AV女優のプロっぽさ”を求められるから、初心を忘れないようにしながら、色気のある表情や喘ぎ声など玄人っぽさも自分なりに研究してます。清楚系やテクニシャンな先輩にいろいろ話を聞くこともあるし、お給料に見合うように頑張らなきゃ」

 高給取りがゆえに、嬢同士のシビアな争いもあると聞くが……。

「みんな努力して外見や中身に自信をつけているので、ギクシャクするどころか、友達みたいに仲がいいんですよ。自信がある人ほど心に余裕もあるんでしょうね。それにみんな目的があって働いてるコばかりだから、割り切れるというか。私も女優業や風俗は就活までって決めてる。就活で働けないとき用に『絶対月50万円は貯金!』っていう自分ルールもつくりました。普段、無趣味だから無駄遣いもしないし、ブランドものにも興味ない。根っからの貧乏性なんだと思います(笑)。唯一お金をかけるとしたら、就活前に目とか鼻を整形したい。風俗の高収入は魅力だけど、長く続けられる仕事じゃないですから。貯めたお金で風俗嬢だった過去をきっぱり捨てて、新しい人生をスタートさせたいです」

※写真はイメージです
― 二極化する[SEX産業]の正しい歩き方【4】 ―

女性からみた「買ってはいけない夏のユニクロ」ワースト3を発表

MEN プリントシャツ(半袖)
 梅雨が明けたらいよいよ本格的な夏がやってくる。今年の夏は例年以上の暑さとも言われているが、だからこそ爽やかに夏服を着こなしたいもの。  数あるファス…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中