風俗で働く女性の意識に変化。バイト感覚で気軽に応募してくるように…

◆事情通が語る[SEX産業格差]のカラクリ

 高級店と激安店の二極化が進むSEX産業。長引く不況によって女性が稼げる風俗に流れ込み、供給過多になったというのが格差の最大の原因だが、どうやらそれだけではないらしい。風俗経営コンサルタントの大崎柳也氏は、「風俗に対する女性の意識が変化し、気軽に応募してくるようになった」と語る。

大崎柳也氏

大崎柳也氏

「かつて風俗といえば、借金などやむを得ない事情を抱えた女性が大金を稼ぐための仕事でしたが、今はアルバイト感覚で働く女性が多い。とにかく欲がなく、普通の仕事より少し割がいいくらいでも風俗を選ぶので、手取りがわずかな激安店であっても働けるのです」

 ノンフィクションライター・中村淳彦氏も、「インターネットで情報が出回るようになり、風俗の敷居が格段に下がった」と同意見。

「“体を売る”ことに対して偏見があるのは女性よりも男性。女性は根本的に抵抗がなく、今までは情報がなかっただけ。介護や看護、美容といった低賃金・長時間労働よりも、頑張った分だけお金になる風俗は、就職先のひとつの選択肢になっています」

 とはいえ、高級店ともなると狭き門。レベルの低い女性は大衆店、激安店とランクを落としていき、それでも稼げない女性は無法地帯の“ワリキリ”へ。そして、こうした風俗の格差拡大は、経営にも大きく影響を及ぼしている。

「高級店と激安店の狭間で、大衆店に危機が訪れています。飲んだ帰りにふらっと立ち寄る人が少なくなり、男性もネットで吟味するため、サービスの底上げ・多様化が必須。今の風俗業界は、デリヘルにアイドルの卵がいたり、手コキ店に処女がいたりする時代ですから、中途半端な店はどんどん淘汰されていくでしょう」(大崎氏)

二極化する[SEX産業]の正しい歩き方【大崎柳也氏】
風俗経営コンサルタント。風俗業界の健全化を理念に、起業・経営のコンサルタントとして活躍。50店舗以上の運営に携わり、関わった風俗嬢は3500人におよぶ

【中村淳彦氏】
ノンフィクションライター。企画AV女優に焦点を当てた『名前のない女たち』(宝島社)で脚光を浴び、以降も風俗業界を精力的に取材。著書に『日本の風俗嬢』(新潮社)など

― 二極化する[SEX産業]の正しい歩き方 ―

名前のない女たち

映像よりさらに衝撃的なAV女優たちの生と性!

洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?

スーピマカットソー
 メンズファッションバイヤー&ブロガーのMBです。洋服の買いつけの傍ら、「男のおしゃれ」についても執筆しています。連載第81回目をよろしくお願いします…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(9)
メンズファッションバイヤーMB
洋服に年間1000万円使った男が激賞する「ユニクロのTシャツ」とは?
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
ストーカー対策も万全!? 水商売から学ぶ女性の危機管理術
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンの“引退ドラマ”にウォリアー出現――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第125回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
日本の接客は「世界一」ではない!――
大川弘一の「俺から目線」
万引きでもしたら?――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
マックvsスタバの「チーズケーキ対決」、あなたはどっち派? 世界中の両チェーンに通う男が勝手に判定
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中