女の61%「浮気されたら復讐する」

これまでに「パートナーに浮気されたことがある」女性を対象に調査を行ったところ、実に61%が何らかの報復行動に出ていることがわかった。アンケート対象は全国の25~35歳の未婚・既婚女性100人。この数字が多いか少ないかには議論の余地があるが、詳細な項目を精査すると、実にキツイお仕置きが行われていることが判明した。

土下座まず、一番多い報復は「SEXを拒む」で33%、それに続くのが「無視するようになる」32%である。「制裁というか自然とそうなる」(26歳)というコメントのように、これはまあ、理解できる範囲ではないだろうか。

しかし、これとほぼ同数を集めたのが「室内で土下座させる」(32%)。とにかく平身低頭、誤らせたいということか。ちなみに「外で土下座させる」も3%ほどいたので、プライベート空間での土下座はお仕置きとしては軽い、と認識すべきかもしれない。

続いてはバイオレンス系。「殴る」(30%)、「蹴る」(21%)と暴力に訴える女性も一定数存在する。「お腹を拳骨で殴った。鉄拳と彼は言った」(37歳)、「足で急所を蹴り上げた」(26歳)、さらには「土下座させたうえでビンタ」(33歳)といった複合技も見られた。

フィジカル系懲罰とともに見られたのが、メンタルを追い込む仕返し「毎日ネチネチ嫌味を言い続け、精神的に追い詰める」(22%)、「あてつけで自分も浮気する」(21%)。その他、数こそ減るが「夫や彼氏の男友達に涙ながらに相談し、悪者に仕立てる」(17%)、「夫や彼氏の親を呼び、家族会議を開催」(10%)など、あまり想像したくないお仕置きを据える女性も散見した。

そして彼女らに報復した後の気分を尋ねると、「やり足りなかった」が4割も! つまり、もう一度浮気が発覚した際には前回よりさらに過激な制裁が待っている可能性があるということだ。

この調査の詳細な結果はSPA!11/8号「浮気されたオンナ[報復劇場の地獄絵図]」で見ることができる。「バレるはずがない」とタカをくくってアバンチュールを楽しんでいる男性にこそぜひ読んでもらいたい特集だ。

撮影/佃大平 文/週刊SPA!編集部

週刊SPA!11/8号(11/1発売)
表紙の人/吉高由里子

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

“結婚したいけど相手なし時代” 理想の相手と巡り会うための「見た目や中身以上に大切なこと」とは?

女性は1人目の相手でゴールインもあるんだって!
sponsored
 いずれは結婚しようと考える未婚者の割合が男性85.7%、女性89.3%と高水準だったにもかかわらず、異性の交際相手をもたない未婚者が男性69.8%、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中