「成人式は浴衣でした」きもの美人日本一が振袖の喜び語る【きものクイーンコンテスト2015写真レポ】

 3月22日、東京・浅草公会堂にて「きものクイーンコンテスト2015」の最終選考会が開催され、6,745人の応募者の中からタレントの山田愛梨(20)がきものクイーンに輝いた。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=822202

きものクイーンコンテスト2015

左からミッツ・マングローブ、小島慶子、伊藤千晶、山田愛梨、岸岡小百合、石井沙季、水沢エレナ

 今年で19回目の開催となる同コンテストは、きもの姿の美を競い合うもので「振袖」「礼装」「カジュアル・アンティーク」の3部門に分けて審査された。フランス、モンゴルなど海外からの応募者や母娘で思い出づくりとしての参加者も見られ、艶やかで色とりどりの着物が浅草の街を彩っていた。

「成人式のたった1回だけ振袖を着るのはさみしいから」「大好きな祖母や母親から譲り受けた着物に喜んでほしかったから」など、それぞれが思いを懸けて大きな舞台に立つことを楽しんでいるのが表情から伝わってきた。

きものクイーンコンテスト2015 記者会見ではクイーンの山田愛梨が「地元の長野県は雪がたくさん降って、夏が成人式なんです。お着物を着れなくて浴衣なので、これから少しずつでも着ることが増えればいいなと思います。東京オリンピックで日本が注目されているので、古典的なデザインを選んでもらいました」とコメント。

 すると、スペシャルゲストのミッツ・マングローブは「北海道はちゃんと1月にやってるわよ!」とすかさずツッコミを入れ笑いを誘っていた。

 昨年のコンテスト当日は記録的な大雪に見舞われただけに、うららかな日和と上品な着物が春の訪れを感じさせてくれる一日となった。夏には「ゆかたクイーンコンテスト」も開催される予定なので、楽しみにしておきたい。各受賞者のプロフィールは以下の通り。

きものクイーンコンテスト2015⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=822192

●きものクイーン
山田愛梨/1994年12月24日生まれ/長野県出身/身長162cm

●準クイーン
岸岡小百合/1986年11月4日生まれ/神奈川県出身/身長164cm
石井沙季/1995年7月22日生まれ/神奈川県出身/身長170cm

●オスカープロモーション賞
伊藤千晶/1996年1月10日生まれ/神奈川県出身/身長159cm

⇒【vol.2】「きものクイーンコンテスト2015フォトレポート」に続く http://nikkan-spa.jp/822212

<取材・文/北村篤裕 撮影/西田周平>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中