くらたま“デカ乳首”をTVで露出!?

最新刊・「だめんず18巻」収録の書き下ろし漫画「ダーリンはヤリ❤チン」について、くらたまにインタビューを行ったところ、衝撃的な発言が飛び出した。

――「600人斬りのヤリチン」こと叶井俊太郎氏とご結婚されて2年が経ちました。単行本には、出会ったばかりのお二人のエピソードが11話ぶんも収録されていますが、現在読み返してみると、どう感じますか?

だめんず・うぉ~か~(18) 特別編・ダーリンはヤリチン

ダーリンはヤリ❤チン その3「初キスを拒まれた」より

くらたま 「あれはリアルタイムで書いたんですが、ひと言で言って、『奇跡の一瞬を捉えた作品』ですね。あのときのテンションとか、恋にのぼせちゃってる感じがね、今となってはクールダウンしているわけじゃないですか。今だと絶対描けないですよね。

――お二人の関係性が変化している、と。

くらたま 「そうね。今、仲はいいんだけど、”男と女”って感じじゃないし。この間なんかね、『何コレ珍百景』って番組あるじゃないですか。あれを一緒に観ていたとき、『すごく足がでかい人』っていうのが出てたの。そうしたら、彼が『あんたも出れば?』って。なんだと思う?」

――「尻がでかい人」ですか?

くらたま 「『乳首がデカい&長い人」だよ!! 2年も授乳しているから、すっかりデカ乳首になっちゃって。それで『デカ乳首珍百景で出れば?』って。すべてがこんな調子ですよ。こりゃ、恋愛のドキドキ感からはほど遠いでしょ。呼び名だって、出会ったときは『まゆみちゃん』だったのが、『デブタくん』とか『デカパン先生』になって、最近はそのラインナップに『デカ乳首』が加わった始末」

――「ダーリンはヤリチン」には、叶井さんが昔関係を持ったレースクイーンの写真をネット検索し、嫉妬に涙した、なんてエピソードも出てきますが。

くらたま 「そうね~。今は昔の女の写真見ても、何にも思わないよね。結婚して何年も経ってるのに、ダンナの昔の女に嫉妬する奥さんもいるみたいだけど、私はそういうタイプじゃないみたい」

――お二人が”男と女”じゃないとしたら、どういう関係なんでしょう?

くらたま 「そうね~、かつて恋愛関係にあって、それがなくなった関係って、たとえようもないよね。特殊な関係。”兄弟みたい”とかでもないんだよ」

――くらたまさんは、ずっと恋愛を大切にしてきたじゃないですか。「ほかの人と恋したい」って欲求はないんですか?

くらたま 「それが全然ないのよ。脳はハッピーだった、楽しかったって記憶しているの。そうなればいいなと思うんだけど。イメージで言えば”満腹なときに食べ物見せられてもな”みたいな感じ? 満腹って言うと聞こえはいいけど、そんなにいいもんでもないよね。自分で思うけど、今、私、よく言えば『落ち着いちゃった』、悪く言えば『おばさん』になってる。だから、この漫画は、”おばさんになる直前の、最後の輝きを描いた作品”なんだよね」

まさにくらたまの女としての記念碑(慰霊碑?)的な作品。
現状との比較で読むと、その温度差の違いも楽しめます。

取材・文/友部綾子
くらたま夫妻
だめんず・うぉ~か~(18)
特別編・ダーリンはヤリ❤チン


600人斬りのヤリチンとの出会いから結婚までの秘話を綴った、単行本でしかよめない書き下ろし漫画を収録。

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中