服屋の店員の「お似合いですよ」は信用できる?

 メンズファッションのバイヤーMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレの正解」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第17回目をよろしくお願いします。

「服を買いに行きたいけど、接客がウザいんだよな~」。そんなふうに思ったことはないでしょうか。買い物につきものなのがショップ店員の接客。「お似合いですよ!」「最後の一点なんですよ!」……そんな嘘か真か怪しい「殺し文句」を操るショップ店員に心を許せないという人も多いでしょう。今回、私の周りのショップ店員に取材し、「ショップスタッフの定型句」の真偽を暴きたいと思います。

洋服屋の「お似合いですよ」「あと1点なんです」は本当か?定型句その1「お似合いですよ~!」

「そんなバレバレの嘘はつかない」「本当に似合ってないときは嘘でも言えない」というのが大半の意見でした。決まりきった「殺し文句」のようですが、どうやらコレは本音。そりゃそうですね、誰が聞いてもお世辞にしか聞こえない言葉なんてわざわざ選びません。後述するもっと高度な「殺し文句」があるので、これは素直に受け取ってもOKのようです。しかし、レディース服のショップ店員の場合は別。女性は脊髄反射的に「きゃー! お似合いですよ!」と言うスタッフが多いのも事実。ヒドイときだと試着室のカーテンを開けている最中に「きゃー! すごいかわいい~!」なんてことも。……見えてないでしょ(笑)。

定型句その2「あと1点しかないんです」

「これは本当。だってお店に戻ってきたら嘘だってバレるし」「どこのお店も在庫はカツカツ。ラスト1点の商品ってのは、そんなに特別なものじゃない」。ショップスタッフさんといえば「ラスト1点なんですよ~」という売り文句で買わせるイメージですが、これも実は本当のことが多い。洋服屋がもっとも嫌がる経営的なリスクは「在庫過多」です。洋服は「生地屋」「縫製工場」「ブランド」「小売店」と複数社がかかわって作り上げるものなのでもともとの利益率が非常に低いビジネス。業態にもよりますが、10点入荷した 商品があるなら6点以上販売しないとその商品単体では赤字です。死活問題にもつながるため在庫は基本的にタイトで、再入荷があるかどうかは別として「ラスト1点」というのはそんなに珍しい話ではないのです。なので「あと1点しかない」という言葉は意外にも事実であることが多いのです。

定型句その3「どちらがお好みですか?」

「これを無意識にやっている販売員は多いけど効果絶大」「お客様が一つ見てたら、必ず似たような商品をもう一つ持っていって選んでもらいます」。これは「ダブルバインド」といって相手に断られないセールステクニックの一つとして非常に有名なもの。要するに「NO」と言わせない会話術です。たとえば、「これ買いますか?」「これカッコイイですよね?」という問いかけに対しては「要りません」「いや別に」など「NO」という回答が可能です。しかし、「どちらの色がいいですか?」「どちらの商品がいいですか?」という問いかけに対しては、「え?……こっちの色かな」「まあ、こっちの服が好きですね」などいずれかの選択を選ぶことしかできなくなり、「NO」という回答がなくなります。これ、ある程度、販売や営業の経験がある方なら誰しもが実践していること。「どちらの商品が好みですか?」「どちらの色が好みですか?」「サイズはどちらがいいですか?」「じゃあこれで決まりですね!」とあれよあれよと購入まで持っていかれます。ですから、接客されたときには要注意。「いや、もうちょっと色々見させてください」とはっきり言いましょう。

洋服屋の「お似合いですよ」「あと1点なんです」は本当か?得する言葉その1 「取り寄せしてもらえますか?」

 では、逆にショップ店員に「コレを言ったら得をする!」という言葉を紹介していきましょう。賢く買い物するためにぜひご活用ください。

 たとえば、Mサイズが欲しくてもSサイズしかお店になかった場合に、ショップ店員は「いやいや、Sでもイケちゃいますよ!」「着ていくと伸びますから!」と、言われることがあります。ショップ店員はその日の売上が欲しいわけですから、あまり積極的に「お取り寄せしましょうか?」とは言いません。ですから、こちらから遠慮なく、「Mサイズ取り寄せってできますか?」と聞く。サイズで妥協すると後々後悔が残ります。そこで「できません」「他店に在庫がなくて」と言われたらスッパリ諦めるのがオススメです。

得する言葉その2 「お直しできますか?」

 どのサイズを着ても微妙に着丈が長い、袖が長いなど。部分的にサイズがちょっと気に入らないときは、「お直し」というサイズ調整が可能です。「袖が長いので、お直しできますか?」「着丈が長いので、短く直せますか?」など遠慮なく相談しましょう。「お直し」とは実際に洋服にハサミを入れて修正することですが、業者に委託しているケースが多く、ショップ店員も専門外なため、あまり自分から提案しません。こちらから相談すると「できると思います。業者さんに相談してみますね」と対応してくれます。また「持ち帰って自分で業者に出せばいいや」と思うかもしれませんが、洋服屋と契約している業者はお直し料金が格安設定の場合がほとんどです。自分で出すよりも圧倒的にお得な場合が多いので活用しましょう。また、「お直しができたら自宅に配送できますか?」と聞くのもオススメ。近場なら意外と無料で送ってくれるお店もあります。

得する言葉その3 「次はどんなものが入ってきますか?」

メンズファッションのバイヤーMB氏

メンズファッションのバイヤーMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論

 しつこい接客から逃げるための便利な口上です。「これもいいんですけど、次はどんなものが入ってきますか?」と聞けば、積極的に次回入荷の案内をしてくるはず。そうしたら「じゃあこれが入荷した頃にまた来ます」とあっさり逃げることができます。ショップ店員としても「今日買ってもらえなくても、次回があるならいいか!」と諦めもつくもの。……まあそんなに気にせずともサラッと帰ってしまえばいいのですが、「なんとなく店員さんに悪いな」と思ってしまう方は相手を傷つけずに帰ることができるのでオススメです。ただ、次回行くと「入荷しましたよ!」とキツめの接客を受けることになるかもしれませんが……。

 ショップ店員も中にはとても親身になってくれて、色々と取り計らってくれる方も多いです。売りつけてくる人ばかりではありません。心なくその日の売上だけを求めるような、ひどい接客ばかりが目につくショップ店員には、これらのキーポイントを抑えて、賢い買い物ができるように心がけましょう! <取材・文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?

橋本マナミ&峰なゆか。セクシー美女の渇きを潤す理想の男とビールとは?
sponsored
◆別れた男と再会したとき「やっぱり忘れられない……」と言われるとグッとくる(橋本マナミ) 「私は基本的に年上の男性が好きなんです。40代、50代の男性…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中