本家本元なのに後発?「味覇」と「創味シャンタンDX」の中身が一緒の問題

本家本元なのに後発?「味覇」と「創味シャンタンDX」の中身が一緒の問題 日本が誇る中華調味料として一般家庭でおなじみの万能調味料「味覇」(ウェイパー)缶タイプと、業務用中華万能調味料としてプロに愛され55年の歴史をもつ「創味シャンタンDX」の中身が一緒だと、最近騒がれているのはご存じのとおり。プロ御用達だった「創味シャンタンDX」も、この3月から家庭用商品として全国販売されているため、店頭で見かけたことがある人もいるだろう。

 創味食品が「創味シャンタンDX」を自社開発したのが1961年。それから20年後の1981年に一般向けとして、パッケージデザインを変えて食品卸売企業・廣記商行への供給を開始したのが「味覇」だ。創味食品によれば、「味覇」の中身は「創味シャンタンDX」だったというのだ。

 その後30年以上にわたり、業務用は「創味シャンタンDX」、一般向けには「味覇」という住み分けだったわけだが、昨年3月に廣記商行が創味食品に無断で他社製造による「味覇」チューブタイプを販売したことがきっかけとなり契約を解消。創味食品から廣記商行への提供が終了した。そのため創味食品は、あらためて自社ブランド「創味シャンタンDX」として、一般市場向けにも商品を投入してきたというわけだ。だから、プロ向けでは老舗でも、一般家庭向けでは後発という感じになっている。

 ということは、家庭用商品の「創味シャンタンDX」発売開始以後も販売されている「味覇」の味は、「創味シャンタンDX」時代の「味覇」ではない、別製造による商品ということになる。ややこしいので話を整理すると、こうなる。

・「味覇」と「創味シャンタンDX」の中身はもともと一緒で、いずれも創味食品が製造
・契約解消後の「味覇」は、創味食品が製造していない
・契約解消後、「創味シャンタンDX」の家庭用も販売を開始したが中身は従来の「味覇」


「味覇」の味は、「創味シャンタンDX」(家庭用)が引き継ぐとも言えるが、そもそも開発されたのは「創味シャンタンDX」(業務用)のほうが先なので、家庭用が出たからといって、引き継ぐという表現も変な話だ。味の面での本家本元は創味食品でも、一般ユーザーが慣れ親しんでいるのは「味覇」というブランドだからだ。

 とはいえ、ユーザーにとって大事なのは味と価格。味は本家本元なので、「創味シャンタンDX」は間違いないとして、価格はどうか? 「味覇」と「創味シャンタンDX」(家庭用)の価格を比較すると、こんな感じだ。

◆創味シャンタンDX(公式HP参考小売価格) http://www.somi.jp/products/syantan.php
500g:1150円(税込1242円)
250g:760円(税込821円)

◆味覇(公式通販販売価格) http://koukishoko.com/products/list.php?category_id=7
500g:1296円(税込)
250g:864円(税込)

 税込で比べても、「創味シャンタンDX」のほうが、わずかながら安い。記者が見つけた小売店では下の写真のような感じで売られており、店頭での価格差はさらに開く。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=828627

 まあ、最後はユーザーの判断しだいだが、「創味シャンタンDX」(家庭用)のほうが、安くて中身はかつての「味覇」と一緒(契約解消後の「味覇」の中身は「創味シャンタンDX」とは異なるはずだが)、ということは、知っておいて損はないだろう。 <取材・文/日刊SPA!取材班 写真/ブルーモリスてぃば>

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中