PC、家電に比べ自動車のリコールが多いわけ

ヤフーのトップページにも載る自動車のリコール。安全第一の自動車ですから、その問題を周知徹底、早急に対策するためにメーカーは公表するわけですが、パソコンやスマホ、家電などに比べて、自動車のリコールって多いように感じませんか? そこでホンダを例に、自動車のリコールを考えてみました!

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=827109

◆リコール問題に揺れた昨年から一転、ホンダ復活はF1だけじゃない!?

ホンダ 今年のホンダは、創業者・本田宗一郎の悲願だった小型ビジネスジェット機「HondaJET」のテイクオフや、F1の復帰、新型スポーツカーNSXのグローバル市場導入や、軽スポーツカーS660の国内販売と、明るい話題が豊富だ。しかし、昨年は立て続けに起きたリコール問題に揺れた。

 そもそも自動車のリコール制度とは、国土交通省の自動車局によるもので、道路運送車両法で定められた保安基準に適合していない、もしくはこのまま使用していると適合しなくなる恐れがある状態のことだ。

 そしてリコールの原因が、設計・製造過程にあると認められるとき、自動車メーカーなどが保安基準に適合させるために、必要な改善措置を行うことを指す。

ホンダ

S660の天井は左右から手動で巻き取る幌タイプでフロントフード内に収納可能。ミッションは6速マニュアルとCVTの2本立て。走りは超安定志向で、スポーツカービギナーでも安心して走れます

 一般的な自動車は、1台あたり3万点以上の部品で構成されているが、ここ15年ぐらいはCPUなどの電子部品の使用率が増え、それだけで1台あたり100万点台になった。要するに、自動車の電子化が進んでいるのだ。

 パソコンやスマホであれば、インターネットにつながっているので、ユーザーがあとからバージョンアップすることもできるのだが、自動車のCPUはオフラインが主流。簡単にバージョンアップできない。そのため開発段階での品質管理はもとより、発売前には万全のデータ検証が求められている。

 昨年、ホンダが4輪で届け出たリコールは14回で42車種にのぼる。一見、ホンダのリコール数が多そうに見えるが、もっと多い自動車メーカーもあるわけで、ホンダのリコール数が突出して多いわけではない。

 問題はフィット・ハイブリッドやヴェゼル・ハイブリッドのように、電子制御系の同一箇所が原因で、度重なるリコールを届け出ていることだ。

 リコール自体は悪ではない。いわば転ばぬ先の杖であり、重大な事故や故障が発生する前に、しっかりとした対策を打つチャンスだと言えよう。

 ただし、メーカー側が一度で対策しきれずに、再三にわたり同じような不具合を発生させてしまったことは問題だ。CPUを含む、自動車の制御技術の開発は難儀なのだろうが、同一箇所の度重なるリコールは、原因究明の難しさを示しているとともに、対象車のユーザーからすれば、リコールが続くと、やはり心配だ。

⇒【後編】「F1復活だけじゃない!今年のホンダはやる気が違う!?」に続く http://nikkan-spa.jp/827084

文/西村直人 写真/池之平昌信 HONDA

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中