ブレイク中の「世界で最も気持ち悪い男」は、クリエーターによる自作自演ではないのか? 本人を直撃

妄想彼女』という本をご存じだろうか? 架空の彼女とのデートを脳内妄想し、それをあたかも彼女が実在するかのように撮影した写真と共に紹介するスタイルの写真エッセイはネットから口コミで話題となった。著者の地主恵亮氏はバラエティ番組に出演したり、朝日新聞がインタビューを掲載するなど注目を集め、最近では飲料メーカーがCMに起用、ついには英ガーディアン紙で“世界で最も気持ち悪い男”として取り上げられたという。

●一見すると彼女とのいちゃつき写真だが……
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=827104

“世界で最も気持ち悪い男”は自作自演!?●実は全て自作自演
⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=827105

“世界で最も気持ち悪い男”は自作自演!? 記者自身も第一印象として気持ち悪さが先行したことは認めるが、それ以上に妄想を誰にでも真似できる手身近な方法で具現化したという意味で素晴らしいクリエーターであると感心した次第。さらにいえば、彼の手法はSNSユーザーが簡単に真似できるので、ネットから口コミで火がつくのではないかとも予測していた。あの朝日新聞がいち早く取り上げたのは流石に予想外ではあったが(笑)

 そんな地主氏がファンと交流イベントを行うと聞いて記者も現地に赴いて話を聞いてみた。“世界で最も気持ち悪い男”とはどんな人物なのか? それが実は自作自演ではないかという記者の率直な疑問もぶつけてみた。

――“気持ち悪い”をウリにしている地主さんのイベントですが、若い女性ファンばかりじゃないですか。正直、騙された気分ですよ。しかも美人ばかり。

女性ファンに囲まれて満面の笑みを見せる著者

イベントは写真展と銘打って歌舞伎町・ゴールデン街の一角で開催された。女性ファンに囲まれて満面の笑みを見せる著者

 自分でも驚いています(笑)。でもファンの方に「じゃあ僕とつきあってください」って言ったら、もしかしたら一緒に食事くらいはしてくれるかもしれない。けれど、そこから先は絶対に何も起きないと断言できますよ。過去に好きになった女性と食事する機会がなかったわけじゃないですけど、何故か2回目がないんですよね。自分では何か“しでかした”つもりもないし、相手からもはっきりNOと言われたわけではないんですが、誘っても2度と会ってくれない。理由が分からないから本当に女性不信になりますよ。僕は何か悪いことをしたんだろうかって……。

――本当ですか? ファンとも自然な形で話せているし、聞けば美大出身だっていうじゃないですか? クリエーターの自作自演っぽい感じがして、どうも信用できません。

(真顔で)彼女がいないどころか、友達もほとんどいませんでしたから。高校でも帰宅部で……。あまりに暇なので町の絵画サークルに入ったんです。そこに好きな女のコがいたからなんですけど(笑)

――でもそれがきっかけで美大に進んだんですよね?

 そういう風に見えるかもしれないんですが、それもたまたまです。僕は勉強があまりできなかったんで普通に受験したら、大学受験はけっこう厳しいことになると覚悟していました。そんなとき、たまたまムサビ(武蔵野美術大学)で推薦入試が始まるという話を聞いて、面接中心の試験なら上手くやれば潜り込めるかなと。

 ちなみに僕が入ったのは比較的倍率の低かった映像学科。だから絵画はほとんど関係ないですね(笑)。面接対策として映画史をとにかく詰め込んだら入れちゃったんですよね。できたばかりの制度で倍率が高くなかったのも勝因かな。面接ではアカデミックな大学教授が好みそうな学生を演出しましたね。自分では面白いとは思えないし、意味さえよく分からないような映画をたくさん覚えて、それを面接でぶつけたら、「君は○○が好きなのか!」と面接官が食いついてきて。目立つための逆張りですね。あざといですけど、その瞬間「勝った!」と思いましたよ。

 でも同じく東京の美大を受験した僕の好きだったコは落ちちゃったんですよね。それがモチベーションだったのに……。

⇒【後編】に続く http://nikkan-spa.jp/827505

<取材・文・撮影/大澤昭人(本誌)>

【地主恵亮】
’85年福岡県生まれ。フリーライターとして人気Webサイト『デイリーポータルZ』を中心に執筆。架空の恋人を妄想して楽しむ“ひとりデート”を発案。その記録をまとめた『妄想彼女』(鉄人社刊)が話題に

インスタント リア充 人生に「いいね! 」をつける21の方法

「世界で最も気持ち悪い男」ランキング第1位に選ばれた男の“妄想”サクセスストーリー。

妄想彼女

頭の中で作りあげた僕の恋人

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中