ケチな男よりダメなのは? 男にがっかりした残念な瞬間

【たもちん恋愛ニュース05】
― 人気コラムニスト“たもちん”こと田母神智子の恋愛コラム ―

田母神智子(たもがみともこ)

田母神智子(たもがみともこ)

このお題について女友達のTちゃんに相談しようと、電話をしてみた。

そうしたら、元彼の悪口止まらなくなった(笑)。ランキングにしたら、順番つけるのがすごく難しいくらいいろいろあったけど、自分なりにつけてみました……。

【3位】ケチな男

「『オゴれ』ってわけじゃないけど、デートなのに1円単位でワリカンされたら、周りの目もあるのではずかしく感じた」(Tちゃん)

Tちゃんの元彼の話なんだけど、たしかに、デート中なら男にはもっとカッコつけてほしいかもですね。そんな1円単位までワリカンするなんて、逆に恥ずかしくないのかな~って思っちゃう……。

つっても、お金がないのは仕方のないこと。それがイヤならそんな相手とデートした自分が悪かったと思いましょう!……でも、Tちゃんの元彼は、お金があるくせにやたらケチだったな~(笑)

だって、Tちゃんとその元彼でパチンコに行ったときに、Tちゃんはやらないで隣座って見てたらしいんだけど、「お前もやれば~!」って、パチンコの玉を分けてくれて、Tちゃんやったら大当たりしちゃったらしいのね。

したらさ、彼、「これ俺があげた玉だから全部返せ」って言ってきた(笑)。

やばくない?? ホント残念な男~。

【2位】酒が自分より弱い男

せっかくのデートなのに、相手が酔っ払っているって気付いちゃったら、けっこう萎えますね。楽しく酔うぶんにはいいんだけど、相手だけどんどん酔っ払ってっちゃって、そこに温度差が生まれる。ドン引きしちゃうな~。

デートなんだから、弱いなら考えて飲め!っ て感じです。

あと、男のくせにカシスオレンジとか頼んじゃう男も残念!

残念だし、女としては、そういう男性と飲みに行くと、ビールとかワインとか頼みづらくなります。なので、男性の皆さん、お酒の特訓しといてください(笑)。

【1位】武勇伝を語る自慢話好きの男

友達の元彼なんだけど、個人的にも知り合いで、たまにみんなで集まったときに話すんだけど、そのたびに「やくざに囲まれた時もあったよ~」だとか。

「昔はよく警察のお世話になった」とか痛い話しばっかされる。

「それってなんもすごくないし、むしろ恥ずかしいことなんだよ!」って言ってあげたいけど、それすら言う気も失せる。残念すぎて……苦笑。

最近ではうちら女のコの間で彼の武勇伝をネタにして陰で笑ってる。そんなことにも気付かず、会うたびに得意げに武勇伝を語ってくれる。その男と付き合っていた友達も、よくそんなくだらないヤツと2年も一緒にいれたなぁーって感心する。あと自慢が多い男も残念。

自分をよく見せたい気持ちはわかるけど、結局自分のいいトコとかって、本人からじゃなくて他人から聞くから「すごいねー!!」って思えるけど、本人から聞いたとこでただの自慢話なだけで、痛いよ。

前に「俺、浜崎あゆみ知り合いだよ~」とか言っているヤツいたけど、それって、お前がすごいんじゃないからね?

浜崎あゆみがすごいだけだよ? って言いたかったけどやめといた。 こういう痛いオッサン西麻布にたくさんいる(苦笑)。

そのほかにもTちゃんと話してて、「キスがヘタ」だの「服のセンスが悪い」だのいろいろ出てきたけど、この3つをピックアップさせてもらいました~。

なんか、言い出したらきりがないって感じー(笑)

男と女

女はいつも男に何かを求めている

【番外編】SEX中にオナニーをして奮い立たせる男

もう1個おもしろい話があったなぁ。友達Hちゃんの話しなんだけど、あの日にパーティーで出会った男とそのまま流れでラブホに行ってやったらしいんだ。

だけど、途中から男のアレが勃たなくなっちゃって、メッチャ萎えて「もういいよ」って言ってそのまま寝たらしい。

しかし、しばらく寝てたら、隣でその男がカサカサなんかしてて、見たらめっちゃシコって勃たせようとしていたんだって。なんて無様な姿なんだろうって思ったらしいよ。それに気付いたHちゃんに彼は「もうちょっとだから~」とか言ってきて、Hちゃんはドン引き!

「なんであんな奴とホテルなんて行っちゃったんだろう。あいつも残念だけど、あたしも残念だわ~」っと、言っていた。

間違いないっ!

取材・文/たもちん photo by mrhayata from flickr

★たもちんへの質問大募集!
恋愛、SEX関係に限らず、たもちんに聞いてみたいことや悩み相談などはこちらへ
⇒https://nikkan-spa.jp/inquiry

【田母神智子】
たもがみともこ。1986年5月22日生まれ。ギャル雑誌でカリスマ読者モデルとして活躍後、現在は恋愛コラムニストとして活躍。著書に『iS THIS LOVE?』(ミリオン出版)。愛称は“たもちん” 。日刊SPA!にてブログ「たもちんのアタシのセックスを笑うな」(http://nikkan-spa.jp/tamo)を配信中

IS THIS LOVE ? ~10代と20代、恋愛の違いと男事情~

恋する女の子に贈るちょっと過激な恋愛コラム

関根くんの恋(1) (エフコミックス)

マンガ界のアンファン・テリブル、河内遙が描く「三十路男の恋と受難の日々」

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中