セガはいつから“やんちゃな企業”になったのか?

名越稔洋オフィシャルブログ「とりあえず乾杯デショ。」

「やんちゃ」という言葉の意味はご存じだろうか? 辞書で調べると「子どもが活発すぎて大人の言うことを聞かないこと」で、京ことばや大阪弁では「いたずら」や「いたずらっこ」を指すとか。ちなみに似たような意味の言葉に「わんぱく」というのがある。とはいえ「やんちゃ」は、日常的に子どもにだけ用いているかというとそうでもなく、大人に対しても、例えば度を越したことをしたりする人を、なかば敬愛の念を込めて「やんちゃ」と呼んだりする。

 そんな感じで使われている「やんちゃ」だが、企業にも“やんちゃな企業”というのがある。なかでも、わかりやすい“やんちゃな企業”といえば、ゲームでおなじみのセガをおいてほかにないだろう。古くは『ファンタシースター』シリーズにはじまり、『ソニック』や『サクラ大戦』などのヒット作があった同社だが、いつの間にか、やんちゃな企業というイメージが定着しつつある。

セガ広報からもらった名越稔洋CCOの写真。これがオフィシャル写真です!

 その最大の理由は、何といっても絵に描いたような“やんちゃな取締役”名越稔洋CCO(Chief Creative Officer)がいるからだ。業界きっての有名人である名越氏は、今や同社の看板タイトルである『龍が如く』シリーズの生みの親として有名。昨年放送されたフジテレビ『アウトデラックス』でも“やんちゃな取締役”として紹介されたことは、記憶に新しい。名越氏は2012年4月から取締役CCOを務めている。

 ベンチャー企業の創業者などでは、やんちゃな例は多々あるが、セガのような歴史も伝統もある企業で、やんちゃな人がこんなにも出世してしまうのは珍しいだろう。もちろん出世するからには、名越氏はただのやんちゃな兄貴というわけではない。実際、『龍が如く』シリーズ以外にも、数々のプロジェクトで手腕を発揮している。

 加えて、『龍が如く』シリーズ大ヒットの影響なのか、セガが不良やワルなどを題材にしたタイトルをリリースしているというのも、同社のやんちゃな企業としてのイメージを後押ししている。先月発売した『龍が如く0 誓いの場所』(PS3/PS4)をはじめ、アプリでも『スカッズ ~最凶の絆~』(iOS/Android)という不良系ゲームをリリース。こちらは、最凶の不良たちが本気で戦う漫画風のストーリーを進めていくガチ魂バトルゲームで、不良学生、バイカー、ギャングなど、悪い若者たちと出会い、戦い、仲間になっていくというものだ。

『スカッズ ~最凶の絆~』(iOS/Android)

 こうした、やんちゃな企業のイメージがついていることを、セガはどう思っているのか? セガ広報に聞いてみたところ、こんな回答が。

「“やんちゃ”という言葉にもいろいろなイメージがあると思いますが、エンターテインメントの一分野であるゲームを作り出す会社としては、ある意味、ほめ言葉と捉えていいのでしょうか(笑)。『龍が如く』や『スカッズ ~最凶の絆~』など、硬派な世界を描いた作品をリリースしているため、そのようなイメージを抱く方がいるのかもしれませんね。ただ、実際に働いている社員は『おもしろいゲームを作る』ことに情熱を燃やしているまじめな人が多いですよ。現在、『龍が如く』シリーズや『スカッズ ~最凶の絆~』を楽しんでいただいているお客様はもちろん、まだプレイされていない方のご期待に“やんちゃなゲーム”でお応えできるように取り組んでいきます。ぜひ、今後ともご愛顧のほどよろしくお願いいたします」

 実際、見た目がまじめな人が多いようだが、なかには名越氏の影響なのか、セガにはほかにも、やんちゃなゲームクリエイターがいるらしい。セガがこのまま“やんちゃ路線”を爆走し続けるかどうか、今後も注目してみたい。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

龍が如く0 誓いの場所

「龍」の伝説はここから始まった

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(4)
メンズファッションバイヤーMB
プロが激賞「高級サンダルが2000円台で買える!」
山田ゴメス
「なんちゃって石原さとみ」が増加中!? 7つのメイクと7つの仕草で翻弄される男たち
オヤ充のススメ/木村和久
プロ客から見たキャバクラの世界
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“ホーガン不在”のウォリアー政権――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第100回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
中2まで、巨乳はコンプレックスでしかなかった
大川弘一の「俺から目線」
死神bot、LINEで始動――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
熊本地震の災害ボランティア、現状の課題は「参加希望者の再分配」だ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中