お寺の息子が使う“罰当たり”な口説き方「珍しい仏像見せてあげるからうちに来なよ」

【週刊SPA!連載 痛男!(イタメン)】
―『負け美女』のオトコ観察絵日記 犬山紙子 ―

◆寺に入った瞬間、口説きモードになる「寺弁慶」

痛男! 4月に入り、新たにレギュラーになった番組の初めての収録でバタバタドキドキしている犬山です。

 新レギュラーのラインナップは、『スッキリ!!』(日本テレビ)、『みんなのニュース』(フジテレビ)、『所さん! 大変ですよ』(NHK)、『恋とか愛とか(仮)』(広島ホームテレビ)、『ゆうがたLIVEワンダー』(関西テレビ)の5つになります。みなさま、テレビでもどうぞよろしくお願いしますねー。

 そして、先ほど初『スッキリ!!』だったのですが、加藤浩次さんが新コメンテーターの緊張をめっちゃほぐしてくれるんですよ。最初の短い紹介で全員をイジって、素を引き出す! シラフの人を10秒でほぐせるのってとんでもない話ですよ。やっぱりMCになる人ってとんでもなく頭のいい方でございます。

 テレビといえば、芸人さんと収録前にお話をするとき、私のことを知ってくださるキッカケがだいたい『SPA!』だったりします。芸人さんは新幹線に乗ることが非常に多く、移動のお供に『SPA!』は欠かせないアイテムだそうで。マネジャーさんが新幹線のお供に『SPA!』を用意することも多いそうです。

 そんなわけで、私について「男をばさばさ斬る毒を吐く女」という認識でいらっしゃる方が多いのですが、実際のところ「男を決して斬らない小心者の女」であり、そう、ワタクシただの紙弁慶。

 これは芸能人相手に限ったことではなく、普通の男性に対してもそうなんですね。で、あとでネチネチと紙に書くという……。

 コラムニストなんてね、そんなもんですよ。いや、私以外のコラムニストはわかんないですけど、直接言うことができるくらいなら、わざわざ紙に書いて発散する必要ないですもの。

 そんなわけで犬山はめっちゃ紙弁慶でございますが(昔はネット弁慶だったけど、ネットのほうがクソリプ飛んでくるからめんどくさくてネットで弁慶しなくなった)、先日聞いた話によると「寺弁慶」なる男がいるようで。

 寺弁慶ってなんだよって感じですが、簡単に説明しますと、とあるお寺の息子(Tさん)が、普段は全然女の子を口説けないのに、寺に入った瞬間(自分の家の寺じゃなくても)急にグイグイ来るそうなんですよ。普通の人の場合、自分の得意分野だとしても、知識を得意げに語るくらいで終わりますが、このTさんは一味違う。

「ねえ! 今度珍しい仏像見せてあげる! 7年に一度の御開帳なんだよ! 特別に! 見せてあげる! だからうちに今度来なよ」と、ヴェルサーチの偽物のスーツにセカンドバッグ姿で口説く口説く!

 御開帳を餌に口説くって、寺の息子のくせにとんだ罰当たりですが、おいしいご飯よりも、綺麗な夜景よりも、御開帳のほうが正直ヒキになるのがすごい。

痛男!

犬山紙子

 そんなわけで、女子と遊ぶことになったらTさんはとりあえず寺に行くそうで、結構な成功率をあげているようです。もしかして、このTさんの父ちゃんも同じように口説いてたのかも……。

 それにしてもストリップ嬢がパカッと股間を晒す行為を「ご開帳」と言いますが、妙にTさんが「御開帳御開帳」を連呼するのもそのせいで卑猥に聞こえます。ちょっとしたセクハラなのか……それともただの偶然なのか……。

 真相は寺生まれのTさんの心の中にあるのです……。

【犬山紙子】
エッセイスト。単行本デビュー作『負け美女』(マガジンハウス)で注目を浴びる。著書に『高学歴男はなぜモテないのか』(扶桑社新書)ほか。MCを務める深夜バラエティ『BF会議』(テレ朝・毎週火曜)が放映中

※「痛男!」は週刊SPA!にて好評連載中

SNS盛

恋と仕事で差をつける秘密のテクニック

高学歴男はなぜモテないのか

すべての男性に伝えたいコミュニケーション力のツボ

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中