賞金総額7000万円のポーカー世界大会APPTソウル2015に挑戦!「気分はライオンの檻に放り込まれたウサギ」【後編】

「PokerStars」で開催されるオンライン予選を通過して、ポーカー世界大会「APPTソウル2015」に出場したスギナミ。指定されたテーブルは、右を向いても左を向いても強豪、プロ揃いの鬼の棲み家であった。「シャッフル・アンド・ディール」。涙目になりながらもトーナメントは開始された。

⇒【前編】はコチラ

 後に判明した総参加人数は241人。それぞれ2万点のスタートチップを取り合って、最後の1人になるまで争われる。ブラインド(強制的に場に払うチップ)は1時間ごとに上がっていき、ジッといい手を待ち続けるだけでは、自然消滅してしまうのが、ポーカートーナメントがサバイバルゲームたるゆえんだ。

【レベル1】ブラインド50—100 20000点持ちでスタート

 どんなに気を強く持とうとはいえ、やはり主導権は常に握られる展開。最初に参加した2ハンド。カットオフのポジションからA5でレイズ300→左隣のclutch heroからリレイズ700→フォールド(降りること)。続いてUTG+1のポジションからATでレイズ300→2番の中国人美女からリレイズ800→フォールド(涙)。

APPTソウル2015

2番シートに座った美女プレイヤーのLi Juicy Sixiao。同卓中、散々攻撃される羽目に

 まだレベル1の段階で、これほど立て続けに攻撃を食らった記憶は過去にない。ポーカーは弱者を狙うゲーム。この2回のフォールドを見た他のプレイヤーも「8番のフィッシュ(日本語でいうカモ)は弱気で穴だ、アイツを狙え」と方針を固めたのか、記者がブラインドのときに参加率が高くなるという負の相乗効果。しかし、どんなにスキル差があっても、ここで引き下がってはジリ貧の一途。歯を食いしばって守りにいくが、よほど鼻が利くのか、こちらが強い手をヒットしたときには、スルスルっと逃げられてしまい、チップがまるで増えない。20000→14000→20000→13000という具合に厳しい状況が続く。一方、シート4のAcesup、シート9のclutch heroは着実にチップを増やし、レベル3終了時点では、Acesupが4万点、clutch heroは3万点近いチップを手にしていた。

【レベル4】ブラインド150-300 アンティ25 持ちチップ13000点

 カットオフのポジションにいた記者まで全員がフォールド。ハンドを見るとAKsという強い手。レイズ800→左隣のclutch heroがボタンのポジションからリレイズ1800と、この日すでに4回目のリレイズが飛んできた。リリレイズ3800を返すとclutchは1分ほど考えたのちコールしてきた。

フロップ(8250) A Q 5

 Aのペアができる。持ちチップ9000弱。これまで投じたチップ量的に降りられないので、「オールイン」(持ちチップの全額を賭ける)。すると、彼はKKを記者に見せながら、2秒でフォールドする。KKほどの強い手ならもう少し悩みそうなものだが、とにかくこのハンドに限らず、決断が恐ろしく早くて正確なのだ。その後、clutchは、何事もなかったように淡々とプレイし、KKで負けたチップを取り戻して4万点近くにまで増やす。一方の記者は、運良く勝ったにも関わらず、また1万5000近くにまで減らす低空飛行。これがスキルの差というわけだ。

 記事的にはトッププロの強さを間近で見られることは光栄なのだが、一プレイヤー的にはもどかしさが続く状況。「このままコーチ2人が抜けていくんだろうな」と思っていたが、レベル6で異変が起きる。新しく入ってきたシート5のプレイヤーと、同じ4万点近いチップを持っていたcluch heroが激しくぶつかる。

フロップ T 8 7

 細かいベットアクションは忘れたが、シート5のプレイヤーのオールインにcluch heroがスナップコール(即コールすること)。

 ハンドはシート5が「99」のオープンエンドのストレートドロー(ストレートの両面待ち)、cluchが「TT」のトップセット(一番上の3カード)。「6」と「J」が落ちなければcluchの勝ちで、現在の勝率は75%。しかし、リバーに「6」が落ちて敗退してしまう。一回勝負のトーナメントでは、アクシデントは日常茶飯事。順当にチップを増やしていただけに、ほとんど観戦者と化していた記者にとっても残念だが、遅かれ早かれ大きな結果を出すことは間違いないだろう。

 さて、プレイしていたことを忘れるほど存在感を消していた記者だが、待望のダブルアップをして25000点にまでチップを戻し、その日の最後であるレベル8へと突入する。この時点で125人のDAY1Bの参加者は、6割ほどに減っていただろうか。魔の6番テーブルはシャッフルされ、それぞれが別のテーブルへ移動することになる。

 DAY1Bに参加した125人中の約50人が日本人ということもあり、新しく移ったテーブルは日本人が多い。そして記者の左隣には、弱冠21歳でWPTのタイトルを取ったMasato Yokosawaの姿が。一般的に、強いプレイヤーの右隣に座ることは損である(ゲームの順番的に、常にポジションが無い状態)。

【レベル8】ブラインド500/1000 アンティ100 持ちチップ22000点

 新しく移ったテーブルで最初に参加したハンドは、UTGのポジションで配られたAK。2200にレイズすると左隣のYokosawaが5200にリレイズ。どうやっても降りられる状況ではないので、小考した後、「オールイン」と宣言。0.5秒くらいでコールされる。Yokosawaが開いたのは99。現状、勝率はほぼイーブン、いわゆるコインフリップというやつだ。結果、「A」も「K」も場には落ちず、敗退してしまった。

APPTソウル2015

記者に引導を渡したMasato Yokosawa。「スギナミさんにいただいたチップを糧に上を狙います」と語ったとおり、入賞を果たした

 コインフリップに負けてトーナメントを去ることは悲しいことだが、それ以前にこの時点でテーブルの誰よりもチップが少なかったことのほうが敗因としては大きいだろう。実際、前述したAKvsKKでは、勝率30%にも関わらず「A」を拾って勝っているなど、不運とはいえない展開が続いていたからだ。

APPTソウル2015

ファイナルテーブルに残った9人。日本人プレイヤーはTakuya Suzukiさんただ一人。

 大会全体としては、まず記事に登場したプレイヤーの戦績は、Acesupが16位(賞金757万ウォン)、Masato Yokosawaが15位(賞金915万ウォン)で終了。優勝は生涯獲得賞金が1.5ミリオンを超えるJason Mo(アメリカ)が1億6559万ウォンを獲得、2位はPokerStarsプロのDiwei Huang(シンガポール)が9782万ウォンを獲得。強豪プレイヤーが上位に残る結果となった。

スギナミ【スギナミ】
ポーカー歴3年。マニラの殺し屋のような風貌とガラス細工のハートを併せ持つ。’14年春、ジャパンオープンポーカーで優勝も、海外ではさしたる戦果なし。現在、大小合わせて20連続ノーインマネの記録を更新中

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?

ロングヘアの女性だけじゃない!30代以上の中年男性にこそコンディショナーが必要な理由とは?
sponsored
 男性のなかでも、とりわけ髪が長くない人にはあまりなじみがないだろうコンディショナー。彼女の家にあったり、奥さんや妹などの家族が使っているから知っては…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中