ソフトバンクのスポンサーで15年ぶりに挑戦表明の「アメリカズカップ」とは?

ソフトバンク・チーム・ジャパン

イメージ画像

 お父さん犬でおなじみのソフトバンクをスポンサーに迎え、2000年以来15年ぶりに日本が挑戦を決めた世界最高峰のヨットレース「アメリカズカップ(アメリカ杯)」。日本セーリング連盟などが、2017年の英領バミューダ諸島で行われる第35回「アメリカズカップ」に、日本から「ソフトバンク・チーム・ジャパン」として挑戦するという発表をしたが、そもそも「アメリカズカップ」とは、何なのかご存じだろうか?

「アメリカズカップ」とは、1851年にイギリスのロンドンで開催された第1回万国博覧会の記念行事がルーツ。当時、アメリカから1艇だけ参加した「アメリカ号」が優勝し、トロフィーを持ち帰ったことからアメリカ号のカップ、「アメリカズカップ」と名付けられた。

 その後、「アメリカ号」のオーナーたちは、「カップの保持者は、いかなる国の挑戦も受けねばならない」ということを記した贈与証書(Deed of Gift)とともに、カップをニューヨーク・ヨットクラブへ寄贈。その証書をもとに、1870年に第1回大会が行われたのが、世界最古のヨットレース「アメリカズカップ」の始まりだ。「アメリカズカップ」は、ゴルフの全英オープンや近代五輪、サッカーW杯よりも長い歴史を誇る世界的なスポーツのイベントであり、その優勝杯のことも指しているわけだ。継続して使用されている優勝杯は、世界最古のスポーツトロフィーとして認知されている。



 ちなみに1851年の第1回大会以降、1983年の第25回大会でオーストラリアが初優勝するまで、アメリカがずっと優勝。その後ニュージーランド、スイスのチームも勝っている。なお、日本は1992年から2000年まで3大会連続で挑戦したが、優勝どころか予選を突破したことすらなく、その後、資金難により挑戦が途絶えていたところ、今回15年ぶりの挑戦表明となったわけだ。

ソフトバンク・チーム・ジャパン

右から2人目が早福和彦総監督

 今回の「ソフトバンク・チーム・ジャパン」は、かつて日本のクルーとして「アメリカズカップ」に挑戦した後、海外チームの一員としても挑んだ早福和彦総監督を含む6人が挑戦。6月にはバミューダ諸島で合宿を行い、7月に英国で始まる前哨戦「アメリカズカップ・ワールド・シリーズ」に臨む。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=849403

 ご存じない人のためにちょっと補足すると、第35回「アメリカズカップ」は、2017年に英領バミューダ諸島で行われるが、それに先立ち、まず第34回大会に勝利した「オラクルチームUSA(アメリカ)」に挑む挑戦チームを選出する「アメリカズカップ・ワールド・シリーズ」が今年7月下旬に、英国ポーツマスから始まる。この「アメリカズカップ・ワールド・シリーズ」は、2015年から2016年にかけて6回以上のレースが行われ、その順位に従ってポイントが貯まるというもの。さらに、このシリーズのポイントを持ち点とした「アメリカズカップ」予選シリーズが2017年から始まり、上位4チームの「アメリカズカップ」挑戦者プレーオフで優勝したチームが、晴れて前回優勝した「オラクルチームUSA」と最終的に第35回「アメリカズカップ」を争うことになる。要するに「アメリカズカップ」自体は、1チーム対1チームのマッチレースというわけだ。

 過去の3回の挑戦では、予選突破できなかった日本チーム。果たして、今回はどこまで昇りつめることができるのか? <文/日刊SPA!取材班>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中