「下半身に効果的なエクササイズ」で男性更年期の不調を防ぐ

何だか体調が優れない、やる気が出ない、シモの元気もない。それは男性更年期障害(LOH症候群)の可能性あり。ホルモンバランスの崩れによる更年期障害は、女性のみならず男性にもあることが近年明らかになっている。

◆体の不調を防ぐ、簡単エクササイズ!

「筋トレやランニングの時間がないためできるだけ歩いている」という声も多いが、その場合、「効果が出るのは8000歩以上」(田中病院院長・田中優子氏)となかなかの距離だ。そこで、オフィスでもできる下半身に効果的なエクササイズを紹介。

<大腰筋エクササイズ>

イスに腰かけて、片足を交互に上げ下げするだけ。できるだけ水平まで持ち上げる。大腰筋を鍛え、下半身の筋肉を増やそう

<かかとの上げ下げ運動>
⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=896777

イスに軽くつかまってバランスを保ちながら、かかとを上げ下げする。下半身の血行促進効果に。また、ふくらはぎだけでなく、太腿の内側も鍛えられる

<スクワット>
⇒【写真】はコチラ nikkan-spa.jp/?attachment_id=896781

イスにかるくつかまってバランスを保ちながら、ゆっくりとスクワットを続ける。20回くらいはやっておきたい。同じ運動ならこうして脚を使い大腰筋を鍛えるのが効果的

【田中優子氏】
長期療養型病床「田中病院」院長。1952年生まれ、名古屋市出身。愛知医科大学卒業後、名古屋大学皮膚科に入局。研修後、名古屋第一日赤病院に赴任。結婚のため三重県に移住。長期療養型病床「田中病院」に皮膚科を新設。公益社団法人・日本女医会理事、日本医療福祉学会の評議員を務める。著書に『女医が教える老化を止める美肌術』(扶桑社刊)がある。http://www.tanaka-byoin.jp/

― 40代以上を襲う[男性更年期]が危険すぎる! ―

女医が教える老化を止める美肌術

60歳 驚異の美肌 整形手術なし

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中