ドリフトの女王・味元美智恵を直撃「走り屋の激しいところに惹かれました」

~もぎたて!女子アスリート最前線 第1回~

ドリフトの女王・味元美智恵

味元美智恵さん

 けたたましいエンジン音を轟かせながら、猛スピードでコーナーに突入。そのままスピードを落とさず、キキキィーンと甲高い音とともに車体を横に滑らせながらコーナーを抜ける。黒いタイヤの痕と焦げたゴムの臭いを残しながら、次の直線へと突入していく。

 ドリフトの技術や迫力を競い合う、D1(全日本プロドリフト選手権)選手による練習風景。停止したマシンからドライバーが降りてくる。「どんな元ヤンの兄ちゃんが出てくるのか?」と思いきや、脱いだヘルメットの中から長い黒髪をファサーッと揺らして登場したのは小柄な女性。09年、女性で初めてD1SL(D1ストリートリーガル)の予選を通過した味元美智恵(あじもと・みちえ)選手だ。

「現場で見ると迫力が違いますよね? 私が『ドリフトをやりたい』と思ったのは18歳のとき。バイト先の友達に『兄が走行会で走ってるから観に行こう』と誘われたのがキッカケでした。会場で走り屋たちが思い思いのカスタムカーで技術を競い合う、激しい走りに惹かれたんです。『私もやってみたい』って思って、アルバイトで50万円を貯めました。ソアラ、マーク・ツーと候補も多かったけど、『ドリフトに向いてて、部品も多い車』ということで、シルビアのイチサン(シルビアS13)を買ったんです。普通にドレスアップしたセダンも好きですよ。セドリックとかクラウン。あ、別にヤンキーだったわけじゃないですけど(笑)」

ドリフトの女王・味元美智恵

所属チームはQuarter Mile Racing(クォーターマイルレーシング)車両名はQuarter Mile Racing 180sx 〔ニッサン180sx 形式 RPS13〕

 太平洋を望む高知の港町で育った彼女。休日ともなれば愛媛県の瀬戸内サーキットまで足を伸ばし、ドリフト技術を磨く毎日。

⇒【写真】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=851576

「ドリフトの世界では女性ドライバーが少なかったので、どうしても自分より技術が上の女性を見ると『なにくそっ』って気持ちが湧いてきます。『まずは日本一の女性ドライバーになろう』というのが最初の目標でした」

 四国大会、西日本統一戦と経験を積んでいく。10年には、D1GPの下位カテゴリーに「D1レディースリーグ」が新設。初年度には激しいクラッシュを繰り返しながらも、3年連続で2位になり、13年には念願の優勝を果たす。

「とにかく練習、練習ですね。ガンガン走り込んでうまくなるってスタンスでやってきましたが、最近のフリー走行では、無線をつけて3周を回って、ビデオで確認といった、大会を想定した練習で違う境地が開けてきたように思います。レディースリーグ日本一はダテじゃないってところを、本戦でも見せたい。車のポテンシャルも高いので、まずは単走優勝を目標にしたいですね」

 全国から集められた男性選手たちの中で、一際目立つ小柄な女性の存在から、今後も目が離せない。

ドリフトの女王・味元美智恵取材・文/日刊SPA!取材班 撮影/丸山剛史

この特集の記事一覧

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中