シェアハウス内で頻発する盗難トラブル。「自分の家なのにちっとも気が休まりません」

 汚い、狭い、盗難、性の乱れ、住人いじめなどさまざまな問題を抱える“激安シェアハウス”が存在するという。オシャレなイメージで定着した感のあるシェアハウスだが、その安さゆえに多くの問題を抱えるような物件もやはり出てきたようだ。ブームの裏に密かな広がりを見せる“激安シェアハウス”の実態を調査した。

激安シェアハウス、盗難にはご用心

このカメラで犯行現場を押さえた(実際にはもっとカメラ本体を隠した状態だったという)

「ハウス内での盗難トラブルがとにかく多い。おかげで自分の家なのにちっとも気が休まりません」

 そう漏らすのは、大阪市内の飲食店従業員の住田健さん(仮名・27歳)。住まいは9LDKに改装された市内にある一軒家のシェアハウス。部屋は3畳で家賃は1万5000円。自身のほかに20~30代の男女8人が暮らしているという。

「去年、住人のDVDやゲームソフト、ペットボトル貯金が消える事件が次々と起きたんです。一番被害が大きかったのは私で、部屋に置いてあったノートパソコンを勝手に使われ、自分の銀行口座から身に覚えのない口座に20万円を数回に分けて振り込んでいた形跡があったんです」

 シェアメイトの誰かが犯人だと思った住田さんは、部屋に隠しカメラを仕掛けて証拠を押さえようと試みる。すると、1週間もたたないうち犯人の姿を捉えることに成功したとか。

「犯人は当時入居2か月目の23歳の男性フリーター。カッとなって殴っちゃったので、盗ったカネの返却とハウスを出ることを条件に警察には通報しませんでした。自分の不用心さもあったとはいえ、どんな素性の人間が来るかわからないのが激安シェアハウス。この件で、改めてそのことを思い知らされましたね」

 それまでも住民たちは普段から食事をシェアしたり、飲み会なども頻繁に開いていて仲は悪くなかった。だが、一連の事件を機に住民同士が心のどこかで警戒するようになったという。

※5/19発売の週刊SPA!では「激安シェアハウスの惨状」という特集を掲載中!

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/26号(5/19発売)

表紙の人/渡辺麻友

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中