元アウトローの転職事情「ヤクザは人に使われることに慣れていないから、社会復帰が難しい」

 暴力団排除条例や警察による準暴力団規定などにより、アウトローたちにとっては年を追うごとに肩身の狭い世の中になってきている。そんな世の中に嫌気が差したアウトローたちが足を洗って更正したら、どんな人生を歩むのだろうか……。今回、週刊SPA!取材班は全国の元アウトローたちの足を洗った経緯や今の何の仕事に就いているのかを徹底取材した。

アウトローの転身「ヤクザは人に使われることに慣れていないから、社会復帰が難しい」 今回取材に協力してくれた元ヤクザの中ではダントツの成功者。Nさん(52歳)は、関西の大手ヤクザ組織三次団体の執行部メンバーから華麗なる転身を遂げた。今は複数の会社経営者として年収1億円を稼ぎだす。

「頭に血が上った兄貴分が、殺しちゃいけない相手を殺しちゃったせいで、組は解散。私も自動的に引退に追い込まれたんです。その際に有り金を残らず上納させられたもんですから、丸裸状態の足抜けでしたよ」

 違法薬物の売買を中心に、それまで2500万円ほどあった年収は激減した。

「学生に混じっての引っ越しバイト、日雇いの軽作業、タクシー運転手などなんでもやりました。ですが、カタギの人間に使われる立場は精神的に辛くて、続きませんでした」

 そこでNさんは、まずはヤクザ周辺ビジネスにフォーカス。デリヘルとキャバクラの雇われ店長として働くうちにスポンサーを掴み、建築現場への人材派遣業や金貸し業、そして不動産業の経営に進出していった。

「根性と度胸さえあればなんとかなる業種ばかりを狙ったところ、不動産業でアベノミクスにうまく乗り、一気に人生の風向きが変わりました。ヤクザの得意分野にこだわったのがよかったと思っています」

 足抜けから苦節9年。今はやることなすこと順風満帆だという。そんなNさんは一般論として、「ヤクザは人に使われることに慣れていないから、社会復帰が難しい」とも語ってくれた。

※5/19発売の週刊SPA!では「元アウトローたちの新生活」という特集を掲載中! ヤクザ、自動車窃盗団、詐欺師etc.が“転職”で選んだ道とは?

<取材・文/週刊SPA!編集部>

週刊SPA!5/26号(5/19発売)

表紙の人/渡辺麻友

電子雑誌版も発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!
関連記事

最強ダイエット食材・ブロッコリーが “食事の主役” になる時代!? AKB48峯岸みなみも食べてスリムに

ブロッコリー
 いま、手軽に食べられるダイエット食材としてブロッコリーが注目を集めている。きっかけは、先日のAKB48総選挙で2連覇を達成した指原莉乃が1月、プライ…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(8)
メンズファッションバイヤーMB
梅雨シーズンの「薄毛対策」3選…茶髪、湯シャン、サプリを実践してみた
山田ゴメス
妊婦でAV出演を決めた、貧困シングルマザーの事情
オヤ充のススメ/木村和久
トレーダー目線で検証!アベノミクスは「失敗」か「失速」か
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
忙しすぎるビンスの3つのアジェンダ――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第120回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「街の匂いもメシの味も何もかも合わない」――46歳のバツイチおじさんはスリランカに来たことを激しく後悔した
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
好きな女性には「きれい」と言え。
大川弘一の「俺から目線」
それでもモヤシはいやねぇ――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
沖縄移住を実現する7つのプラン――世界を6周半した男の大提言
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
日本代表とレジェンドが集結してもガラガラ。東京五輪最強の穴場競技はシンクロで決定!?
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中