世界中が泣いた!…映画宣伝のフレーズが大袈裟なワケ

著名人のキャッチコピーや街の看板、テレビCM、ネット広告に躍る魅力的な言葉たち。つい心奪われそうになったり、「何を基準に?」と疑問に思ったことはないだろうか。一体そこにはどんな根拠&狙いがあるのか、その真相を探る!

◆大きく出るのは映画宣伝会社の苦肉の策だった……!?

映画館「世界中が泣いた!」「全米興行収入No.1」「アカデミー賞候補最有力」などの定番煽り文句は、宣伝会社が「日本でウケなさそうな作品につけがち」と言うのは、映画ライターのよしひろまさみち氏。

「数字をもとに興収や動員数を出すときは、本国で公開した週末、もしくは初日を指すことが多い。これならウソにはならないし、よく見るとカッコ付きで『公開週末成績』などと入っていますよ」

 また、「世界中が泣いた!」「全米震撼」などは、「ほかがそうなら自分もそうかも」という日本人特有の“同調心理”に働きかける言葉でよく使われるフレーズだそう。

「実際に本国公開時や映画祭上映時の反響を煽り文句にしていることもありますが、文化や価値観の違いがあるため、全く同じ反響が得られるかは疑問です」

「アカデミー賞候補最有力」の基準も、「ノミネーション発表前にしか使えないけど、それでもオスカーの有無が動員にちょっとは影響あるだろうという期待値に基づいてつけられていることが多いです。実際、『候補最有力』な作品が、候補入りすることもなかったりするんで。もちろん例外はありますが、多くの場合、本当に候補入りするような作品は、候補入りした後でちゃんとコピーを変えてきます」。

― あの[煽り文句]の真実を明かします ―

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中