世界中が泣いた!…映画宣伝のフレーズが大袈裟なワケ

著名人のキャッチコピーや街の看板、テレビCM、ネット広告に躍る魅力的な言葉たち。つい心奪われそうになったり、「何を基準に?」と疑問に思ったことはないだろうか。一体そこにはどんな根拠&狙いがあるのか、その真相を探る!

◆大きく出るのは映画宣伝会社の苦肉の策だった……!?

映画館「世界中が泣いた!」「全米興行収入No.1」「アカデミー賞候補最有力」などの定番煽り文句は、宣伝会社が「日本でウケなさそうな作品につけがち」と言うのは、映画ライターのよしひろまさみち氏。

「数字をもとに興収や動員数を出すときは、本国で公開した週末、もしくは初日を指すことが多い。これならウソにはならないし、よく見るとカッコ付きで『公開週末成績』などと入っていますよ」

 また、「世界中が泣いた!」「全米震撼」などは、「ほかがそうなら自分もそうかも」という日本人特有の“同調心理”に働きかける言葉でよく使われるフレーズだそう。

「実際に本国公開時や映画祭上映時の反響を煽り文句にしていることもありますが、文化や価値観の違いがあるため、全く同じ反響が得られるかは疑問です」

「アカデミー賞候補最有力」の基準も、「ノミネーション発表前にしか使えないけど、それでもオスカーの有無が動員にちょっとは影響あるだろうという期待値に基づいてつけられていることが多いです。実際、『候補最有力』な作品が、候補入りすることもなかったりするんで。もちろん例外はありますが、多くの場合、本当に候補入りするような作品は、候補入りした後でちゃんとコピーを変えてきます」。

― あの[煽り文句]の真実を明かします ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中