梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

 今年も梅雨の季節がやってくる。今年も間もなく、あのジメジメ、ムシムシの季節がやってくるわけだ。そんな蒸し暑さもイヤなのだが、ドライバーにとって注意しなければいけないのは雨の日の運転だ。

梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

雨による視界不良はもちろん、濡れた路面はブレーキが効きづらくなり危険!(写真/池之平昌信)

 首都高の調査では、雨の日の交通事故は晴天時の5倍になるとか(http://www.shutoko.jp/use/safety/driver/rain/)。雨の日の交通事故は、交通事故全体に占める割合が高く、その原因の1つに視界不良がある。今年は、春先から台風が発生していることもあるなど異常気象。台風の影響を受けたゲリラ豪雨も心配されるなど、突然の雨には注意が必要だ。特に普段、頻繁にクルマを運転せず、休日だけ運転するドライバーのなかには、雨の日にワイパーを動かすと、対向車のライトなどが乱反射し、クルマのウィンドウがギラギラと光って視界が悪く、運転しづらい、危険だ、と感じたことはないだろうか?

梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

「首都高ドライバーズサイト」より

◆洗車しただけでは除去できない油膜とは?

 聞いたことがある人もいると思うが、そのギラツキの原因は油膜にある。この油膜は、ウィンドウに付着したオイル類やボディに塗布したワックスが溶け出したもの。屋根つきの駐車場にとめていない人や、滅多に洗車をしない人は、ほとんどクルマを運転していなくても、ウィンドウに付着した汚れのせいで、油膜が発生することがあるのだ。

対向車のライトなどが反射すると、さらに視界が悪化し非常に危険な油膜によるウィンドウのギラツキ

 こうした油膜がウィンドウに付着すると、洗車時にスポンジでこすっただけでは簡単に除去できない。ヒドイものになると、洗車機に入れてキレイにしてもウィンドウの油膜だけはそのままということも。こうした油膜による視界の悪化が、運転の妨げになるわけだ。

 では、こうした油膜はどうすれば除去できるのか?

 もっとも簡単な方法は、ガソリンスタンドやカー用品店などの洗車メニュー。記者調べでは、1回約500円で油膜除去をしてくれる。実際にどんなことをしてくれるのか観察していると洗車後、お兄さんがウィンドウに薬剤を塗布して拭くだけ。これだけで、確かにウィンドウのギラツキはなくなったのだが、作業現場を見た限り、洗車すら面倒なものぐさな記者でもできそうだ。

◆1回約500円ではなく1年約500円でできる簡単油膜除去法

 実際のところ、倹約ドライバーからタクシー運転手などのプロドライバーまで、油膜除去はみんな自分でやっていることが多い。特にプロドライバー御用達の油膜除去アイテムといえば、今も昔も「クリンビューEX」。ガソリンスタンドでの油膜除去1回分の約500円あればカー用品店で購入でき、洗車後の窓にシューッとスプレーして、あとは拭くだけ。フロント、サイド、リア、全部の窓にノロノロ作業しても10分もあればできる。フロント以外は3か月に1回でもいいと思う。

梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

右が「クリンビューEX」、左が「Gコート」

 洗車は面倒だからガソリンスタンドの機械洗車でOKとして、手間と効果と1回約500円の費用を考えると、油膜除去程度なら自分でやってもいいだろう。月1の洗車後にフロントウィンドウのメンテナンスだけシューッとやるだけなら、約500円で1年は余裕で使える。

 ちなみにウィンドウメンテナンス商品には、「クリンビューEX」のような親水性商品と「Gコート」のような撥水性商品がある。その大きな違いはといえば見た目。それぞれ、こんな感じでウインドウについた雨を弾いてくれる。

梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

向かって右半分に「Gコート」、左半分に「クリンビューEX」を塗ってみた。右半分のほうが確かに雨がコロコロと水玉になって流れ落ちる

 親水性商品は、ウィンドウの雨(水)が全体になじむ感じで、ウィンドウ全面に雨がくっつく感じ。撥水性商品は、ウィンドウの雨を弾き、窓にコロコロと水玉ができすぐに流れ落ちるのが特徴だ。油膜除去や防止に関していえば、どちらの商品でも得られる効果は一緒。どちらがいいとか悪いとかはなく、雨の日に運転するとき、どちらの視界が自分にとって好ましいかどうかで選べばいいだろう。

クリアな視界は、安全なだけでなく、運転していても気持ちイイ!

 なお、タクシーやバスの運転手などのなかでも、特にベテランのプロドライバーは「クリンビューEX」支持派が多いようだ。

梅雨の季節は特に要注意。雨の日の事故率は晴天時の5倍!500円でできる危険回避法とは?

応募締め切りは8月31日まで

 ガソリンスタンドなどでは毎回約500円かかるが、自分でやるなら約500円で商品を買っても1年は使える。しかも今なら、簡単なクイズに答えて海外旅行などが当たるキャンペーン(http://c.socialplus.jp/klinview2015)を実施中。店頭には、さまざまな油膜除去の商品があるが、今試してみるなら海外旅行などが当たるチャンスがある「クリンビュー」シリーズや「Gコート」シリーズがオススメだ。

 雨の日は路面が滑りやすく、ブレーキをかけた際の制動距離が伸びるため、特にカーブではいつも以上にオーバースピードにならないように注意するなど運転の仕方にも注意が必要だが、そもそも運転席からの視界が悪くては話にならない。本格的な梅雨が始まる前に油膜除去や防止は自分でやって節約。雨の日の運転の危険を少しでも回避するために、日ごろから視界良好を心がけてみてはどうだろうか。 <取材・文/日刊SPA!取材班>

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中