被曝にはヨガが効く!? 放射能パニックに怯える人たちの声

原発事故以来、家族を思うあまりに放射能パニックに陥り、暴走気味の行為に走ってしまうケースが多発。悪気がないとはいえ、それが家庭崩壊の危機に繋がってしまうという本末転倒なパターンが後を絶たない。そこで、今回は放射能パニックに怯える人たちの声をお届けする

●専業主婦・29歳夫/息子1人

「陰謀論やSF好きの夫が本気で地震兵器説を信じはじめた。来年には戦争がはじまるから、核シェルターが必要だと言い出し、300万円の定期預金を解約してきたんです!」

●総合商社・34歳 妻/娘1人

「チェルノブイリで被曝したにもかかわらず、長生きした人たちはヨガをやっていた。そんな情報を聞きつけた妻がヨガと気功を習いはじめた。家でも爆音でインド音楽を流しながら、予習復習に余念がない。シタールの音が頭から離れず、こっちがノイローゼになっちゃうよ!」

●公認会計士・35歳 妻/子供2人

「世田谷ラジウム騒動のとき、古い時計のバックライトにラジウムが使われていたって報道があったでしょ? それを見て焦ったんだと思うけど、俺が長年大切にしていた限定モデルのプレミア付きGショックを嫁が捨てたんです! 夜光塗料としてラジウムが使われてたの20年以上前だぞ!!」

●証券マン・29歳妻(妊娠中)

「ここ数か月、ほぼ3食ともカロリーメイトと、九州地方からお取り寄せた味噌でつくった味噌汁に、サプリメント。お腹の胎児が心配です!」

●印刷関係・30歳 妻(妊娠中)

「原発事故から、一人で沖縄に避難していた妻。でも、1週間もしないうちに帰ってきて、再び東京の線量が上がったと聞くと沖縄へ。結局、3往復もしていました。そんなに何度も飛行機に乗ったら、その間東京にいた場合より被曝する線量が高いという事実を伝えるべきかどうか。迷ってもう半年がすぎました……」

●建築会社・36歳 妻/子供2人

「放射能汚染を心配する妻が格安スーパーで買った野菜のベクレル測定を2万円で依頼!」

― 放射能パニック家族の狂生活【3】 ―

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話

肉体改造やジェンダーレスな美しさよりも30~40代には大事な血管年齢の話
sponsored
 例えば、テレビ番組などで昭和の映像を見たりすると、最近の人は(特に若者は)、ずいぶん洗練されたなあと思ったりしないだろうか? 「人は見た目が9割」と…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(17)
メンズファッションバイヤーMB
GUの「大人が買っても後悔しない」マストバイBEST3
山田ゴメス
“いいヤリマン”を見分ける方法。その娘の性癖を見ればわかる!?
オヤ充のススメ/木村和久
オリンピック成功の鍵を握る開会式…東京五輪はどうすべきか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ビンス無罪“ステロイド裁判”エピソード12=オシェー検事の逆襲――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第165回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「勇気を振り絞れ俺! ここしかないぞ俺!」――46歳のバツイチおじさんは満天の星空の下で勝負に出ようとした
原田まりる
ファミレスで隣の席の会話に聞き耳を立てていたら、大喜利を観覧したような気分になった話
大川弘一の「俺から目線」
鳴り止まない電話――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
“リオ五輪ロス”効果で恋を引き寄せるスポーツ3選
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
吉川晃司もやっていた“東京五輪最強の穴場”競技とは?
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
わたしと「結婚したい」という男性へ
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中