被曝にはヨガが効く!? 放射能パニックに怯える人たちの声

原発事故以来、家族を思うあまりに放射能パニックに陥り、暴走気味の行為に走ってしまうケースが多発。悪気がないとはいえ、それが家庭崩壊の危機に繋がってしまうという本末転倒なパターンが後を絶たない。そこで、今回は放射能パニックに怯える人たちの声をお届けする

●専業主婦・29歳夫/息子1人

「陰謀論やSF好きの夫が本気で地震兵器説を信じはじめた。来年には戦争がはじまるから、核シェルターが必要だと言い出し、300万円の定期預金を解約してきたんです!」

●総合商社・34歳 妻/娘1人

「チェルノブイリで被曝したにもかかわらず、長生きした人たちはヨガをやっていた。そんな情報を聞きつけた妻がヨガと気功を習いはじめた。家でも爆音でインド音楽を流しながら、予習復習に余念がない。シタールの音が頭から離れず、こっちがノイローゼになっちゃうよ!」

●公認会計士・35歳 妻/子供2人

「世田谷ラジウム騒動のとき、古い時計のバックライトにラジウムが使われていたって報道があったでしょ? それを見て焦ったんだと思うけど、俺が長年大切にしていた限定モデルのプレミア付きGショックを嫁が捨てたんです! 夜光塗料としてラジウムが使われてたの20年以上前だぞ!!」

●証券マン・29歳妻(妊娠中)

「ここ数か月、ほぼ3食ともカロリーメイトと、九州地方からお取り寄せた味噌でつくった味噌汁に、サプリメント。お腹の胎児が心配です!」

●印刷関係・30歳 妻(妊娠中)

「原発事故から、一人で沖縄に避難していた妻。でも、1週間もしないうちに帰ってきて、再び東京の線量が上がったと聞くと沖縄へ。結局、3往復もしていました。そんなに何度も飛行機に乗ったら、その間東京にいた場合より被曝する線量が高いという事実を伝えるべきかどうか。迷ってもう半年がすぎました……」

●建築会社・36歳 妻/子供2人

「放射能汚染を心配する妻が格安スーパーで買った野菜のベクレル測定を2万円で依頼!」

― 放射能パニック家族の狂生活【3】 ―

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】

30~40代のカラダは“肉体改造”とともに「血管年齢」も若返らせろ!【PR】
 中年になると、健康といえば真っ先にイメージし求めがちなのが、いわゆる“肉体改造”のような目に見える部分のカラダの変化。確かに太っている人が痩せると、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その2:日本人のハイローラー(5)
山田ゴメス
シングルマザーたちの複雑な恋愛心理「受け入れてくれるのは100人に1人」
メンズファッションバイヤーMB
2~3万円で買える「なんちゃって高級時計」ベスト3
オヤ充のススメ/木村和久
富裕層の金銭感覚に変化!? 両極端なものに出費するのはなぜか
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ニューヨーカーが狂喜した“グラハム現象”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第20回
おじさんメモリアル/鈴木涼美
医者の男が教えるセックスは本当に気持ちいいのか?
大川弘一の「俺から目線」
内定取消しの美琴、銀座を彷徨う――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
アホなことも10年やれば一流の仲間入り!? 芸能事務所の忘年会に潜入する方法
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅」
「アナベル、外に出てふたりで話そう!」――46歳のバツイチおじさんはライバルに先を越され窮地に立たされた
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
ジェダイも真っ青の実力なのに会場はスッカスカ。フェンシングは太田雄貴選手の言う通りカネがなさそうだった件
原田まりる
「車好き」はマゾヒスティックな趣味である
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
僕が芸能界を無期限休業したワケ――「ネパールを旅してわかったこと」

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中