ボーダーは「太い幅 or 細い幅」どっちがオシャレ?

 メンズファッションバイヤー&ファッションブロガーのMBです。洋服の買いつけという本業の傍ら、ブログやメルマガで「オシャレのルール」について発信していたところ、こちらで執筆させていただくことになりました。連載第26回目をよろしくお願いします。

夏だし「Tシャツ」で十分でしょ?

メンズファッションバイヤーのMB氏

メンズファッションバイヤーのMB氏。「『オシャレに見える』にはちゃんと理屈があるんです」が持論(撮影/難波雄史)

 都内では日差しが強くなり夏日が続くようになりました。そろそろ夏物が気になる季節です。「どうせTシャツだし、夏に流行もへったくれもないでしょ?」と思われた方、夏にもしっかり流行はあるんです。今年の春夏は「フレンチカジュアル」がトレンドで、その名のとおり、フランス人が着ていそうなカジュアルスタイルが人気なのです。たとえば、ボーダーのカットソーや、リネン素材のシャツ、シンプルなポロシャツなどなど、日本人男性が大好きな「アメカジ」とは少し異なり、どこか大人っぽく品のある服装が特徴です。

 ユニクロなどのファストファッションブランドも意外とトレンドには敏感で、ボーダーのカットソー、リネンシャツ、ポロシャツなど、この夏は気合を入れてラインナップしています。「夏はいつもプリントTシャツしか着ない……」な~んて方も、今年はいつもの「アメカジ」をやめて、流行を“少し”意識した品のいいフレンチカジュアルを試してみてはいかがでしょうか。

 今回はそんな流行アイテムのなかから、意外と着こなしが難しい「ボーダーカットソー」をオシャレに見せる方法について紹介します。

30代以上男子はボーダーの「色」と「幅」に注目せよ!

「そうかそうか、じゃあ流行にのってみるか。店員さん、横シマのTシャツおくれ!」と気軽に考えてはいけません。「ボーダー」といっても色々あります。明るい色、暗い色、ボーダーの幅が細い、太い、実にさまざまです。30代以上の男性は、そのなかからどんなボーダーを選ぶべきなのか? まず「色」については、ズバリ「1色」で表現したボーダーを選びましょう。「色」は使えば使うほどチープで安い印象になります。赤や緑や青など色とりどりの柄を使ったアイテムはどんなに細身でキレイな形でもなかなか大人っぽくはなりません。もちろんそれを逆手にとったコーディネートもありますが、なかなかハードルが高い。そもそも、30代以上の男性であれば、「モノトーン(白黒グレー)+1色」に抑える色使いがベターです。

 ボーダーも同様に、黒1色の線ならば落ち着いた印象になりますが、赤や黄色をまぜたマルチボーダーを選んでしまうとどこか子どもっぽく、「小学生?」になってしまう危険性も。そして、色以上に重要なのが、「幅」です。同じボーダーであっても太い幅は子供っぽく、細い幅は大人っぽく見えます。30代以上の男性が選ぶべきはもちろん「細い幅」です。

⇒【画像】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=858679(それぞれの写真)

流行中のボーダーは「太い幅or細い幅」どっちがオシャレ?流行中のボーダーは「太い幅or細い幅」どっちがオシャレ? 画像で見れば一目瞭然でしょう。太い幅のボーダーと細い幅のボーダー、どちらが大人っぽく見えますか? これはボーダーのみならず柄物全般にも言えるのですが、「柄が大きい」「色が派手」であるほど主張が強くなり、基本的に「子供っぽい」「チープ」「カジュアル」といった印象になります。もちろん全体のコーディネートや組み合わせでそれらを上手に使うこともできますが、「使いやすい」「パッと着てサマになる」ものを求めるのであれば、主張が少ないものに限ります。

大人のボーダーは無印やユニクロにもある!

「じゃあどこで探せばいいの?」と思われた方もご安心を。ユニクロや無印良品ですぐに探すことができます。この春夏は「フレンチカジュアル」の流行を受けて、各ブランドがボーダーアイテムを数多くリリースしています。とくにユニクロは毎年展開しているような子供っぽい印象の太い幅のボーダーだけでなく、大人が着られる細い幅のモノトーンボーダーなども多く展開しています。どこのお店にも数型程度はボーダーカットソーがあるはずです。ぜひ探してみてください。

 この夏は、Tシャツにデニムのジーンズといった、いつもの定番スタイルではなく、流行を取り入れた「ボーダーカットソー」で大人のフレンチカジュアルにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 私ファッションバイヤー/ブロガーMBが配信する人気メルマガ「最も早くオシャレになる方法」ではアイテムの紹介だけでなく、着こなし法や簡単ですぐにオシャレになれる方法などを、論理的な裏付けのもと語っています。「夏のスタイルに困る!」といった方はぜひ、そちらもご購読ください。 <文/MB>

【MB】
メンズファッション専門のバイヤー。年間数十のブランドの展示会に足を運び、買いつけを行う。年間取引量は億を超える。子供の頃から“狂うほど”洋服が好きで、ファッション業界に知悉している。ブログ「Knower Mag現役メンズバイヤーが伝えるオシャレになる方法(http://www.neqwsnet-japan.info/)」が話題に。また、メルマガ「最も早くオシャレになる方法(http://www.mag2.com/m/0001622754.html)」では、「安くてオシャレになるアイテム」を紹介し即完が続出。「まぐまぐ大賞2014年【有料部門】ライフ」にて大賞受賞。ニコニコ動画ではブロマガと生放送「MBチャンネル」もスタート。女子SPA!でも「レディースファッション」に関するコラムを連載開始。ファッション誌では読めない歯に衣着せぬ言説が注目されている。現在、自身のブランド「MB」の立ち上げに奔走中。秋には書籍を扶桑社より上梓する予定

最速でおしゃれに見せる方法

誰も言葉にできなかった「男のおしゃれ」の決定版

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?

「島耕作シリーズ」の作者が語る多様化する働き方とコーヒーの関係とは?
sponsored
「朝活・夕活」に代表される労働時間の見直しや、仕事と育児の両立といった「ワーク・ライフ・バランス」が注目を集める昨今。人々の働き方も多様化しているが、…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(21)
メンズファッションバイヤーMB
「ユニクロU」の絶対に買うべきベスト3を発表【発売前レビュー】
山田ゴメス
「紅音ほたる急逝」から真剣に考える、AV女優はなぜ短命なケースが多いのか?
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
“レッスルマニア11”の主役はだれだ?――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第185回(1995年編)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
もう、アリンコになってしまいたい――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
「婚活宣言」したら44歳オヤジのモテ度が100倍になった!プロギャンブラー直伝“婚勝”シリーズ第4弾
爪切男のタクシー×ハンター
ウンコを漏らした日はライディーン
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中