今年の夏は「カレーキャンプ合コン」で新しい出会いをゲットせよ!

カレーキャンプ合コン 以前、日刊SPA!で「ラブホ合コン」について語ってくれた、アラサー“合コン鉄人”が、またなにやらニュースタイルの合コンにハマっているらしい。なになに? 教えて鉄人! ハイ。答えは「カレーキャンプ合コン」!! 今日も、その正体と段取りをゴメス記者が根掘り葉掘り聞き出した!

――「カレーキャンプ合コン」って、早い話が「キャンプに行ってカレーをつくって食べる合コン」のことですよね? 正直、そこまでキャッチーで目新しい響きだとも思えないのですが?

合コン鉄人(以下、鉄人):目新しくないからこそ、女子側もイメージがしやすくて安心できるんですよ。良い意味でも悪い意味でも「ラブホ合コン」っていうのは、インパクトが強すぎ。だから好奇心と同時に拒絶感も煽ってしまうので、「そんなの行きたくない!」って子も出てきちゃう……。でも「キャンプ」だったら、なんか健全っぽいし、今流行りの“サードウェーブ系男子”って感じもして、モテそうじゃないですか。

――“サードウェーブ系男子”って、辛酸なめ子さんが提唱している「1カップずつ丁寧に入れられた香り高いコーヒー(=サードウェーブコーヒー)をいかにも飲んでいそうな意識高い系の男子」のことですよね?

鉄人:そのとおりです。もう少し説明を加えるなら、

●ニューバランスのスニーカーなど、質の良い小物やアイテムにこだわり、シンプルな服装をこなれた感じに着こなす

●お金の無駄遣いはせず、ちょっとした工夫で上質な暮らしを志す

●ロードバイクやキャンプほか、アウトドア志向が強い

といったところかな。つまり、ニューバランスはいてキャンプに行けば、もう完ペキってことなんですよ(笑)。

――なるほど。で、「キャンプ」ってことは、やはり“泊まり”になるわけですか?

鉄人:そりゃあ“泊まり”が理想なのは間違いないんですけど、もしそれが難しいなら、豊洲とかにある都心のキャンプ場でもかまいません。そこでキャンプ張っちゃって、「帰りたいなら電車もあるし、泊まりたいならゼヒどうぞ」くらいのフランクな姿勢で。

――“泊まり”となれば、さすがに女子にとってはハードルも高いでしょうから、結局は“都心キャンプ”に落ち着くのでは…?

鉄人:ところが、そうともかぎらないんですよ。少なくとも僕の経験から言えば、むしろ“泊まり”でちょっと遠方に行くプランのほうが食いつきも良かったりしますね。

――マジですか!?

こんな感じの写真を送ろう!

鉄人:ポイントは女子側に「このキャンプは合コンだと思わせない」こと。たとえば、メンバーにカップルや夫婦を混ぜておけば、合コンっぽくならないじゃないですか。極論、子連れがいたっていい。また、女子側の幹司役に過去のキャンプで撮った楽しそうな写メをマメにLINEで送っておく“撒き餌作戦”も大事です。

――こりゃ、お世辞抜きでキャンプしてみたくなるような写真ばっかですね~!

鉄人:自然に囲まれた自然光の写真は、誰が撮ってもそれなりに写りますから。

――でも、僕みたいに、これまでアウトドアとは無縁の世界で生きてきた男子からすると、こーいうことをヤリたくても、なにからどう始めるべきなのか、見当も付きません……。

鉄人:僕もね、じつはアウトドアにはまったく疎かったりするんですよ。だったら、アウトドアに長けている男友だちを見つければいい。それに、この手の趣味人は「他人(とくに女子)に自分のグッズや手際を見せびらかしたい」って願望が少なからずあるので、頼めばホイホイ場所選びから道具集め、キャップ張り……まで勝手にやってくれるんです。僕がやることはクルマを出すくらいで(笑)。

――女のみならず男までたぶらかすあたりが「鉄人」たる所以ですね(笑)。あと、もうひとつ! なんで「カレー」なんですか?

鉄人:買ってきた食材を焼くだけのBBQより「手間暇かかってる感→女子にふるまってる感」が出るじゃないですか。しかも、“つくる”時間がかかるから、ゆっくり共同作業もでき、より女子と仲良くなれるきっかけもなりますし。

――「キャンプにカレー」ってテッパンっていうか……テッパン過ぎ、なのでは?

鉄人:テッパンなモノとは成功する確率が高いからテッパンなんです。事実、キャンプで食べるカレーって、誰がつくっても美味しいと思いません?

――カレーだけじゃなく、なんだって美味しい気がしますが……?

共同作業で作った「豚バラ肉のほうれん草カレー」

鉄人:別に「BBQはダメ」って言ってるわけじゃないんです。「キャンプでBBQ」だとキャッチとして弱いので、それはあくまで“前菜”扱いで、プラス“メインディッシュ”として「カレー」を添える。ただ、「カレー」だけじゃあダメですよ。「タイ風グリーンカレー」だとか「醤油を隠し味に使った味平カレー」だとか、そういう“サブキャッチ”をつけることがマストです!

――そんな凝ったカレーにチャレンジしても大丈夫なんですか?

鉄人:全然平気ですよ。さっきも言いましたけど、カレーって、つくるのに失敗しても、それなりに美味しい食べ物ですから。現に、前のキャンプでチャレンジした「豚バラ肉のほうれん草カレー」は、緑色の仕上がりにするはずが普通の黄茶色のカレーになっちゃって……。なのに、みんな「ほうれん草が効いてて美味しいわ!」なんて食べてくれました。ホントかよ、って感じでしたけどね(笑)。

ちなみに、次の「カレーキャンプ合コン」では、この前ネットで見つけた『100肉カレー』(http://www.100meatcurry.jp/)でイッてみようかな、と。

――なんですか、それ?

鉄人:日本中から100種類の牛肉・豚肉・鶏肉を集めてつくった挽き肉で旨味を出したカレーらしいです。100種類は無理だとしても10種類くらいの肉をミックスした『10肉カレー』で。名前だけでも、なんとなくすごそうじゃないですか? さらに、これだと「カレーは何肉が一番か?」でモメることもなさそうですし(笑)。

<取材・文/山田ゴメス>

【山田ゴメス】
山田ゴメス山田ゴメス1962年大阪府生まれ。マルチライター。エロからファッション、音楽&美術評論まで幅広く精通。西紋啓詞名義でイラストレーターとしても活躍。また『解決!ナイナイアンサー』のクセ者相談員の一人でもある。日刊SPA!ではブログ「50にして未だ不惑に到らず!」(http://nikkan-spa.jp/gomesu)も配信中。著書『クレヨンしんちゃん たのしいお仕事図鑑』(双葉社)も好評発売中!

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた

100万本無料配布中の“謎の缶コーヒー”。気になる味を飲み比べしてみた
sponsored
提供元:キリンビバレッジ  仕事に追われる社会人たちの強い味方といえば、言わずもがな缶コーヒー。記者もそんな缶コーヒー愛飲家の1人だ。思い返してみれば…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(22)
メンズファッションバイヤーMB
最速で「中年男性をおしゃれに見せる」魔法のアイテムとは?【プロが断言】
山田ゴメス
最近、激増している「副業・AV女優」の本音に迫る!
オヤ充のススメ/木村和久
キャバクラか風俗か――。人生最大の問題に終止符を
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
近未来の“超大物”ハンターがデビュー ――フミ斎藤のプロレス講座別冊WWEヒストリー第190回(1995年)
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「パソコンもカメラも買い直すしかない」――46歳のバツイチおじさんはインドのシリコンバレーを目指した
原田まりる
尾崎豊で意気投合し、タクシー代がタダになった夜
大川弘一の「俺から目線」
こんな自由にお前は出会ったことがあるか――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
おっぱいポロリのある地上波番組『ケンコバのバコバコテレビ』に出演して感じたこと
爪切男のタクシー×ハンター
虹の根本にある素敵なもの
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
東京五輪でチケットなしでも“絶対生観戦できる鉄板競技”とは?
元SKE48/SDN48・手束真知子の「フリーランスアイドル論」
アイドルは私生活まで“キラキラ”してないといけないの!? 現実とのギャップに困惑
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した——小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中