芋焼酎が3升ももらえる!「ふるさと納税」が新制度でお得度2倍

100%改訂版得するふるさと納税生活完全ガイド

制度改正にあわせ、大幅加筆した新バージョンが登場

 自治体などのHPから目当ての品物を物色。

 何にするか決まったら申し込んで寄付金を支払えば、地方の特産品が自宅に贈られてくる、ふるさと納税。払った寄付金は2000円を除き全額が翌年支払う税金から引かれるため、実質2000円でもらえてしまう大変お得な制度だ。

「実は、2015年4月1日から改正された制度での運用が始まり、お得度が約2倍になりました。減税を受けるためにしなければならなかった確定申告も、給与所得者(サラリーマン)なら一定の条件を満たせばしなくても良くなったので、今年は爆発的に流行るでしょうね」

 そう語るのは、「2015年改訂版 100%得をするふるさと納税生活完全ガイド」の著者、金森重樹氏だ。普段は企業グループオーナーとして辣腕をふるい、高額納税者に名を連ねる金森氏だが、年間に申し込むふるさと納税の件数は200件以上。北は北海道から南は沖縄まで、どんな自治体がいくらの寄付で、何をプレゼントしてくれるか?を、徹底的に知り尽くしたふるさと納税の達人だ。

「さきほどお話した『お得度が2倍』というのは、2000円の自己負担で残りは全額控除される『お得にふるさと納税できる上限枠』が2倍になったということで、例えば年収500万円の単身者なら6万7000円までお得にふるさと納税ができてしまいます。

・お米20キロ
・焼酎1升×3本
・A4牛肉1キロ
・地ビール330ml×12本
・りんご 10キロ
・マイナスイオンドライヤー


 ざっと、これだけの物がもらえてしまうんです。コストは最初の2000円だけで、です。ね、やらなければ損でしょう」

 試しに、記者もやってみることにした。1万円の寄付であの「黒霧島」1升瓶が3本もらえるというので、宮崎県都城市のHPから申し込み。

宮崎県都城市 名前や住所、電話番号などをフォームに沿って入力すると、ものの2分で終わってしまった。後日、都城市から入金先が送られてくるので、銀行振り込みをすれば、翌月に届く仕組みの模様。都城市から発行される寄付証明書を確定申告の際にきちんと添付すれば、2016年の税金から初期費用の2000円を除く8000円が控除される。記者はあと2、3箇所ふるさと納税をするつもりなのだが、かかるコストは最初の2000円くらいなものなので、これはたしかにお得! 余談だが、寄付した金額の使い道を選べるのもよかった。

 高級牛や松葉がに、さくらんぼの佐藤錦など、寄付のお礼として贈られてくる返礼品は、目移りするほどラインナップが豊かだった。

「それだけではありません。最近は温泉宿やゴルフなども、ふるさと納税で楽しめるんですよ」

 と、金森氏。こんな気前のいい制度を利用しない手はない。金森氏の新著「2015年改訂版100%を得をするふるさと納税生活」では、いくらまでお得にふるさと納税できるか、どんな特典がもらえるか、今のトレンドは何か、がわかりやすく記されている。これを機に、ぜひ皆さんにも賢くふるさと納税をやってもらいたい。 <取材・文/日刊SPA!編集部>

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】

20~30代女性から大ブーイング!社内評価も下げる‟男のニオイ問題”を素早く解決する方法【PR】
 そろそろ梅雨の足音が聞こえてきそうなこの季節。今年も、あの蒸し暑さのなか働かなければいけないかと思うと憂鬱になる人は多いはず。そんな汗ばむ季節に注意…

連載

ばくち打ち/森巣博
番外編その3:「負け逃げ」の研究(3)
メンズファッションバイヤーMB
ユニクロ、ZARA、H&Mに飽きたら「COS」に行こう! 手頃な値段で高級ブランド並みのデザインと質
山田ゴメス
“知ってそうで知らない「キャバ嬢と風俗嬢の違い」――“女”を売って稼ぐ女子たちのホンネ対談
オヤ充のススメ/木村和久
ベッキー70点、舛添都知事20点…気になる方のマスコミ対応評価
フミ斎藤のプロレス講座/斎藤文彦
ホーガンが考える“90年代のホーガン”――フミ斎藤のプロレス講座別冊 WWEヒストリー第95回
英語力ゼロの46歳バツイチおじさんが挑む「世界一周 花嫁探しの旅
「テラスハウスの一員になろう」――46歳のバツイチおじさんはイケメン&美女集団に溶け込もうとした
原田まりる
純潔な弟に風俗で女性経験させようとした姉の話
18歳女支配人・このみんの経営学「私のミカタ」/園田好
『わたし人見知りなんです』と言う女子に思うこと
大川弘一の「俺から目線」
死生観とビジネスの類似性――連続投資小説「おかねのかみさま」
プロギャンブラー・のぶき「人生の賭け方」
東京-熊本1163kmを30時間で踏破。12台を乗り継いだヒッチハイクの旅に、世界を6周半した男がトライ
フモフモ編集長の今から始める2020年東京五輪“観戦穴場競技”探訪
“東京五輪”なのに伊豆(静岡県)開催の自転車競技を追っかけてみた件
おじさんメモリアル/鈴木涼美
「顔じゃなくて知性で女を選ぶ」男の無知性
僕が旅に出る理由 in India/小橋賢児
北インド秘境で「宇宙に住んでいる」と実感した――小橋賢児・僕が旅に出る理由【最終回】

投稿受付中

バカはサイレンで泣く 投稿受付中
佐藤優の人生相談 投稿受付中